戦略の本質―戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 375p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532165291
  • NDC分類 391.3
  • Cコード C3034

内容説明

戦後60年の戦略不在に終止符を打つ!大逆転を生み出すDNAを戦史から解明。

目次

序章 なぜいま戦略なのか
第1章 戦略論の系譜
第2章 毛沢東の反「包囲討伐」戦―矛盾のマネジメント
第3章 バトル・オブ・ブリテン―守りの戦いを勝ち抜いたリーダーシップ
第4章 スターリングラードの戦い―敵の長所をいかに殺すか
第5章 朝鮮戦争―軍事合理性の追求と限界
第6章 第四次中東戦争―サダトの限定戦争戦略
第7章 ベトナム戦争―逆転をなしえなかった超大国
第8章 逆転を可能にした戦略
終章 戦略の本質とは何か―10の命題

著者等紹介

野中郁次郎[ノナカイクジロウ]
1936年生まれ。カリフォルニア大学(バークレイ)経営大学院卒業。Ph.D.現在、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授

戸部良一[トベリョウイチ]
1948年生まれ。京都大学大学院修了。博士(法学)。防衛大学校教授

鎌田伸一[カマタシンイチ]
1947年生まれ。上智大学大学院修了。防衛大学校教授

寺本義也[テラモトヨシヤ]
1942年生まれ。早稲田大学大学院修了。早稲田大学アジア太平洋研究センター教授

杉之尾宜生[スギノオヨシオ]
本名、孝生。1936年生まれ。防衛大学校卒業。防衛大学校教授(元一等陸佐)を経て現在、グッドウィル・グループ監査役
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kayak-gohan

5
「戦略」⇒目的をはっきりさせること、その達成のために何をすればよいかを考えること。⇒相手と自己の戦力を量的および質的に見積もること⇒自己の強みを生かす一方、いかにして敵の長所を封じ込めるかを作戦化し実行する。 大雑把ながら上記のようにロジカルに定義できることを諸事例とそのアナリシスから学びました。2009/08/15

Kazyury

3
クラウゼヴィッツ以降の戦略論の系譜(1章)、戦史研究(2~7章)と、垂直的な戦略構造のまとめ(8章)は著者陣の専門性が十二分に発揮されており、軍事を中心として歴史を学ぶ上で有用だった。 一方、日本という国の戦略を再考する課題設定(序章)と、戦略の本質を抽出しようとした終章については、些か竜頭蛇尾というか、とって付けた感が拭えない。リーダーシップの汎化は難しいのだろうな。 前作の「失敗の本質」に感銘を受けただけに、自分も期待し過ぎていたのかもしれないが、副題にある「戦史に学ぶ」に限定するならばお勧め。2018/09/22

Mitz

3
太平洋戦争中の日本軍の失策を論じたベストセラー『失敗の本質』の姉妹編。前著とは逆に、「逆転にこそ戦略の本質あり」と、戦略の真髄を説く。毛沢東の対国民党の戦い、バトル•オブ•ブリテン、スターリングラードの戦い、朝鮮戦争、第4次中東戦争、ベトナム戦争(逆転をなしえなかった例)を題材とした戦略のケーススタディは、非常に示唆に富む内容である。この書をしっかり読み込んだ後、『失敗の本質』を読み、「では、日本はどうすれば良かったか」を考察すれば得るものは多かろう。歴史にifはないというが、良き頭の体操になると思う。2014/07/09

あ・ゆーと

2
中国の国民革命、第二次大戦中のバトルオブブリテン、中東戦争等、数々の戦史から指導者がどう戦局を捉え戦術を選択するに至った背景や考え方の本。ベトナム戦争の件はとても興味深い。まだ読んでいない方は「失敗の本質」から読まれる事をオススメします。 2016/08/05

さわでぃ

1
現代の戦史のなかで、困難な状況からの逆転や大成功を収めた作戦を例に、なぜ戦略が成功したのかを解明する本。戦略とは「彼我の相互作用」であり、その相互作用は国家レベルでの大戦略から技術レベルまで重層的なものであること、ある層における優劣は別の層で取り返しうることなどが論じられる。 特に戦略における目的の明確化は、戦略自体に命を吹き込み多層を協調的に動かすために重要と思われる。2020/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/34997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。