詳解 公開買付けの実務

個数:

詳解 公開買付けの実務

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 446p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502275104
  • NDC分類 338.15
  • Cコード C3034

内容説明

TOBをめぐる開示ルールと実体規制を多角的に検討。インサイダー取引規制、MBO等にも言及。公開買付制度の全体像と関連する制度・法律問題について、実務的な視点から、平易かつ詳しく解説をし、興味のあるトピックを読むことで制度と問題の所在などの重要なポイントが理解できるように、基本的な事項や重要な事項は、繰り返して記述をしている。

目次

第1章 公開買付けの概論
第2章 公開買付制度の改正の流れ
第3章 公開買付制度の適用範囲
第4章 公開買付けにかかる開示ルール
第5章 公開買付制度上の実体規制
第6章 対象会社による意見表明報告書
第7章 公開買付規制違反への制裁
第8章 公開買付けとインサイダー取引規制
第9章 MBOとゴーイング・プライベート
第10章 実務上の問題

著者紹介

清原健[キヨハラケン]
東京都生まれ。1989年東京大学法学部卒。1992年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。1997年米国ミシガン大学ロースクール卒(LL.M.)。1998年米国ニューヨーク州弁護士登録。現在、外国法共同事業ジョーンズ・デイ法律事務所所属(M&Aプラクティス・グループ・パートナー)、第一東京弁護士会総合法律研究所副委員長、証券取引法研究部会部会長、日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム会員、全国社外取締役ネットワーク会員、American Bar AssociationのBusiness Law Section所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)