学習院大学東洋文化研究叢書<br> 東アジアの陽明学―接触・流通・変容

個数:
  • ポイントキャンペーン

学習院大学東洋文化研究叢書
東アジアの陽明学―接触・流通・変容

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 450p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497210180
  • NDC分類 125.5
  • Cコード C3010

内容説明

「最高の本物」(中国)と「それより劣るもの」(周辺地域)のような二分法にとらわれず、「脱中心化」された視点から、日中韓それぞれの陽明学が持つ多面的な側面を描き出す。

目次

第1部 国際シンポジウム論文集(地域史としての東アジア交流史―問題意識と研究テーマ;「一段の深情在る有り」―中江藤樹『論語郷党啓蒙翼伝』における孔子;朝鮮陽明学の特質について;朝鮮陽明学派の形成と展開;一六世紀中韓使節の陽明学をめぐる論争とその意義―許〓(ふう)と袁黄を中心に
李卓吾と朝鮮儒学
一八‐十九世紀朝鮮性理学の心学化傾向についての考察
李士実と宸濠反乱の故事
陽明学と明代中後期における三教論の展開
中日陽明学の交流と非交流について)
第2部 プロジェクト論文集(天津図書館所蔵『鄒東廓先生文選』について;李贄の『九正易因』について;周汝登と功過格と;明代後半期儒学思想における“恕”概念の位置初探)

著者紹介

馬淵昌也[マブチマサヤ]
1957年生まれ。東京大学大学院博士課程(中国哲学・1988)、駒沢大学大学院博士課程(仏教学・2006)満期退学。1998年から学習院大学外国語教育研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)