ポプラ文庫ピュアフル<br> 一鬼夜行 鬼の福招き

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

ポプラ文庫ピュアフル
一鬼夜行 鬼の福招き

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 14時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591150832
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

可愛い小鬼と閻魔顔の若商人が営む
よろず妖怪相談処、開業!?
累計25万部突破の明治人情妖怪譚シリーズ、第二部開幕!可愛い小鬼と閻魔顔の若商人が営む
よろず妖怪相談処、開業!?

とある事情で大妖怪としての力を失い、強面の若商人・喜蔵が営む
古道具屋「荻の屋」に居ついた小鬼の小春。
いつまでたっても怠惰を極める居候に喜蔵の怒りが頂点に達した時、
小春が掲げた「妖怪相談処」の看板を見て妖怪たちが訪ねてきた。
主人の奇行を心配する忠鳥の依頼や切ない恋愛沙汰の解決などに
奔走する二人だが、相談処の繁盛ぶりには思わぬ理由が――。
累計25万部突破の明治人情妖怪譚シリーズ、第二部開幕!


(目次)

一、妖怪相談処 
二、みつぼし
三、桜灯籠 
四、神と呪い
五、招かれざる客
六、禍の猫
七、鬼の福招き

小松 エメル[コマツエメル]

内容説明

とある事情で大妖怪としての力を失い、強面の若商人・喜蔵が営む古道具屋「荻の屋」に居ついた小鬼の小春。いつまでたっても怠惰を極める居候に喜蔵の怒りが頂点に達した時、小春が掲げた「妖怪相談処」の看板を見て妖怪たちが訪ねてきた。主人の奇行を心配する忠鳥の依頼や切ない恋愛沙汰の解決などに奔走する二人だが、相談処の繁盛ぶりには思わぬ理由が―。累計25万部突破の明治人情妖怪譚シリーズ、第二部開幕!

著者等紹介

小松エメル[コマツエメル]
1984年東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。2008年、あさのあつこ、後藤竜二両選考委員の高評価を得て、ジャイブ小説大賞初の「大賞」を受賞した『一鬼夜行』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆかーん

59
第二部の始まり始まり〜!強面の喜蔵と、小鬼の小春。一度は離れ離れになってしまった二人ですが、腐れ縁というのでしょうか、仲良く古道具屋の商売を再開します。相変わらず減らず口の小春に、ピシャリと反論する喜蔵との掛け合いが絶妙です!今回は、小春が突如「妖怪相談処」の看板を掲げたことで、多種多様な妖怪を招いてしまう物語。強力な妖怪から神様に至るまで、計り知れない妖力に人間の喜蔵はタジタジです…。仔猫の魂がおまつ婆の作った招き猫に宿り、幸福も不幸も呼び起こしていたという、二人の情の深さが身に染みる切ない結末でした。2018/02/28

30
さくさくと♪また皆さんに逢えて嬉しい(^o^)小梅ちゃんの話しが好きでした、親孝行したい時には親はなし、にならないよう実家に顔出そ^^;2016/11/01

うさっち

24
シリーズ第2部スタート。力を失った小鬼の小春が始めた「妖怪相談処」にやってくる妖たちの話。登場人物が多すぎるので、そろそろ一覧表を本気で作って欲しい。2017/01/26

真理そら

22
序章部分の猫のさくらの話でじぃーんとした気持ちになった。一鬼夜行シリーズでこんな気分になったのは初めてだ。本編に入ってからはいつもの喜蔵、小春の世界だったけれど、「禍の猫」は序章からの続きのお話だった。まつを思う小梅の気持ちが禍に変化する部分が読み応えがあった。2018/02/05

佳乃

20
面白くは読み進めているのだが、なんかいつのまにかくどく感じるようになったなぁ・・・でも、小春も喜蔵もその面々も好きだけどさ。2019/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11080430
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。