東方選書<br> 大月氏―中央アジアに謎の民族を尋ねて (新装版)

個数:

東方選書
大月氏―中央アジアに謎の民族を尋ねて (新装版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784497210050
  • NDC分類 229.6
  • Cコード C0322

内容説明

シルクロードの開拓者として名高い漢の張騫が目指したのは大月氏と呼ばれる遊牧民族の国であった。この民族は中央アジア史上の重要なカギを握っているが、その実態は謎に包まれている。本書では、中央アジアにおける最新の考古学資料を紹介し、その成果を充分に活用して大月氏の実態解明を試み、中央アジアにギリシア人が建てたバクトリア王国を滅ぼした謎の民族の正体、中央アジアからインドにわたる帝国を築いたクシャン王朝と大月氏の関連をも探る。また、後半の著者自身による大月氏関連の遺跡訪問記からは、旧ソ連邦中央アジアの現状を窺うことができ、中央アジアの歴史、文化に関心を持つ向きには興味深い読み物となっている。

目次

遊牧民族と文明社会―漢と匈奴
西方の覇権争奪戦―張騫の遠征
月氏西遷をめぐって―塞民族の虚構性
バクトリア王国と大月氏―アイ・ハヌム遺跡
クシャン王朝の勃興(碑文から大月氏との関連を探る;ティリア・テペの黄金遺宝)
大月氏の足跡を尋ねて(スルハン・ダリア流域の遺跡;天山北麓の遺跡)
ユーラシア草原地帯の考古学

著者等紹介

小谷仲男[オダニナカオ]
1938年2月福井県小浜市生まれ。1960年京都大学文学部東洋史卒業。1965年京都大学大学院博士課程修了。鳥取大学助教授、富山大学人文学部教授を経て、京都女子大学文学部教授。ガンダーラ仏教美術史、東西文化交流史専攻。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びっぐすとん

15
図書館本。シルクロード関係の本を読むと必ず出てくる大月氏、その正体は謎という記述が多かったが、本書ではその大月氏とは如何なる民族なのかを検証。著者は従来言われている匈奴に逐われ西へ移動したのではなく、本来西に本拠を置く民族が東方へ侵略し敗退して西に戻ったのではないかと推測。文字を持たないため彼ら自身の記録がなく、行動範囲が広大な上、遊牧生活で遺跡の少ない遊牧民族の研究は大変そうだ。狭い日本では街が捨てられて何百年も人が住まない土地など想像がつかないが、大草原に生きる人達は土地に固執しないのかもしれない。2019/05/15

Tetsuji Yamaguchi

3
★★★★2019/05/14

Oltmk

2
かって中央アジアに存在した遊牧民・大月氏を巡って古典資料と考古学を用いて、大月氏の各論を分析をする専門書。前半の史記・漢書などを用いて漢書に登場する塞族が架空の部族でインドから仏教が伝わった際の誤りだとする論考は画期的であった。他にも、中央アジアとインドを大帝国を築いたクシャン王朝の前身が大月氏ではないかとする論考も読み応えがあり、興味をそそられる。匈奴以外の中央アジアに存在した各種遊牧民を知りたい人にとってはお勧めできる書籍です。2018/11/05

いくら丼

1
大月氏とクシャーナ朝、ガンダーラ美術、中央アジア、辺りの理解を深めんと読みました! 面白かった……別書籍で見た「塞」が架空かもしれないという説に衝撃。『史記』や『漢書』を繰り返し引用して、検証する論説はわくわくしました。ヘロドトスの「サカ」を「塞」と同一視するのは無理がある。「塞」は恐らくインドの釈迦族がおかしな伝わり方をしたものーーと理解しました、面白い! 読めば全く理に適って見えます。更にクシャーナ朝と大月氏、漠然と「大月氏=クシャーナ人」かと思いきや、掘り下げるとこんなに奥が深いとは……! 良き!2021/10/15

草津仁秋斗

1
ユーラシア大陸の北方騎馬民族・大月氏を中心に、様々なユーラシア大陸中部の遊牧民族たちの生活や勃興を分析して本。中国史と遊牧民族が好きな人にはたまらない。2014/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/623575

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。