入門 経営学

  • ポイントキャンペーン

入門 経営学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784495344610
  • NDC分類 335.1

内容説明

経営学の本質は企業の動態的なあり方を体系化して、人・物・金・情報などの経営資源が戦略・戦術に対応して効率的に編成、活用されていく姿を説明するものであることが望ましい。伝統的な経営学においては、人間関係論、組織論、リーダーシップ論、経営計画論がそれぞれ独立した形でとり上げられ、いわば静態的観点から説明されている場合が多いように思われる。しかしながらこうした観点からの研究や解明の方法は、経営学の理論構成上からは欠かせないものでもある。本書においても、従来の伝統的な経営学の構成を踏襲し、これにやや実践的と思われる解釈を加味して理論の展開を試みている。

目次

第1章 経営学の目的
第2章 企業の社会的意義
第3章 企業の社会的責任
第4章 企業の形態
第5章 企業の集中
第6章 企業の諸機能
第7章 企業の組織
第8章 企業の労使関係
第9章 経営の管理
第10章 経営資源
第11章 経営計画
第12章 利益計画と資金計画
第13章 経営戦略
第14章 生産管理
第15章 マーケティング
第16章 経営分析
第17章 情報化と企業
第18章 CIと企業
第19章 日本的経営の現状と将来
第20章 企業の問題解決