経営分析と会計情報

  • ポイントキャンペーン

経営分析と会計情報

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784495152512
  • NDC分類 336.83

内容説明

本書は、経営分析の基礎となっている会計職能の発展と会計情報の利用について検討し、さらに、企業経営のための現代の経営分析の多角的な展開について考察している。

目次

総論 経営分析の現代的課題
第1部 経営分析のための会計情報(会計情報の測定論的意味;わが国企業の管理会計機能の部門間分散について―判別分析による規定要因の検出;弾力的シャドウプライスによる喪失利益配分システム;付加価値会計情報に関する一考察―BurrittとClarkeの所説に関連して;経営モデルにおける構造行列の有用性―Walterの所論を中心として;株式投資と投資収益;会計ディスクロージャーの展望―FASB概念構造による影響を中心として)
第2部 企業経営と経営分析(リスク分析と会計変数;知識情報処理と財務分析;損益・収支の分岐点分析―付加価値情報からキャッシュ・フロー情報の分析;収益性の測定と評価;ROI尺度と将来の課題;産業構造の変化と経営分析;国際経営比較の方法と課題―国際経営協力をめざして)

出版社内容情報

今や経営分析は単なる財務分析の領域にとどまらず、投資分析、証券分析、産業構造分析にまで拡大している。本書は企業経営のための現代の経営分析の多角的な展開について考察する。