現代アジア経済論

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

現代アジア経済論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月19日 22時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 181p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589033734
  • NDC分類 332.2
  • Cコード C1033

目次

第1章 世界の中のアジア―世界の工場から消費市場へ
第2章 アジアはなぜ発展したのか―アジアの謎に迫る
第3章 グローバリゼーションとアジア―グローバリゼーションは世界を良くするか
第4章 アジアと通貨危機―なぜ成長神話は崩れたのか
第5章 アジアとFTA―日本のFTA戦略
第6章 アジアとAPEC―世界最大の地域協力は可能か
第7章 アジアに浸透するジャパナイゼーション―ジャパナイゼーションは日本の新たな外交戦略となるか
第8章 観光産業から見たアジアと日本―観光産業こそが日本を救う
第9章 日本の中のアジア―日本は「多民族国家」になれるか
第10章 国際舞台で活躍するアジア―存在感を増すアジア
第11章 アジアの抱える諸問題―岐路に立つアジアと日本

著者等紹介

郭洋春[カクヤンチュン]
1991年立教大学経済学部専任講師。1994年同助教授。2001年同教授、現在にいたる。専門は開発経済学、アジア経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。