若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか―企業の“ウソ”を見破る技術

個数:

若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか―企業の“ウソ”を見破る技術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年08月17日 10時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492761649
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C3034

内容説明

やりたいことができないのはあたりまえのことなのか、休みがほとんどゼロなのはどれくらい異常なのか、給料は他社と比べて高いのか・安いのか、実力主義でない人事制度にみんな満足しているのか…。客観的に会社の位置づけを分析できたなら、余計な不安に陥ることなく、もっと合理的なキャリア判断ができたのではないか―第一線で活躍する社員200人に、500時間徹底取材。「3年で3割辞める時代」の幸せなキャリアづくり。

目次

Introduction 22歳、27歳の迷える君たちへ
1 プロフェッショナルになりたいか―仕事指標で選ぶ(転職力が身につくか;やりたい仕事ができるか;社員定着率は高いか;英語力を活かせるか)
2 24時間働きますか?―生活指標で選ぶ(働く時間に納得できるか;社員の人柄は自分に合っているか;社内の人間関係は心地よいか;女性は活用されているか)
3 会社からいくらとれるか―対価指標で選ぶ(報酬水準は高いか;福利厚生は手厚いか;評価に納得性はあるか;雇用は安定しているか)

著者等紹介

渡邉正裕[ワタナベマサヒロ]
(株)MyNewsJapan代表取締役、編集長、ジャーナリスト。1972年東京生まれ。1992~1996年、慶應義塾大学総合政策学部にて政治学、政策過程論を専攻。卒業後、日本経済新聞社にて、1000本超の記事を日経各媒体に執筆。1999~2004年、IBMビジネスコンサルティングサービス(旧PwCコンサルティング)にて、大企業ホワイトカラーの最適活用を目的とするコンサルティングに従事。2004年、(株)MyNewsJapan設立、代表取締役に就任。独立系ニュースサイトMyNewsJapan編集長として、取材、執筆活動を開始。「団塊ジュニア」以降の若者世代を顧客層として、ジャーナリズムとコマーシャリズムの両立を標榜。2006年、サイトの有料会員が1000人を突破(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。