創元推理文庫<br> 星を継ぐもの

個数:
電子版価格 ¥763
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
星を継ぐもの

  • ウェブストアに110冊在庫がございます。(2022年08月09日 01時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 308p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488663018
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

読者投票第1位 創元SF文庫を代表する1冊!
●小野不由美氏推薦――「SFにして本格ミステリ。謎は大きいほど面白いに決まっている。」

【星雲賞受賞】
月面調査員が、真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体はなんと死後5万年を経過していることが判明する。果たして現生人類とのつながりは、いかなるものなのか? いっぽう木星の衛星ガニメデでは、地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。ハードSFの巨星が一世を風靡したデビュー作。解説=鏡明

*2010年10月10日(日)、朝日新聞・読書面「売れてる本」欄で、瀧井朝世氏により紹介。記事題名は、「謎解くごとにカタルシス」。

この商品が入っている本棚

1 ~ 9件/全9件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちび\\\\٩( 'ω' )و ////

769
ずっと気になっていた小説。専門用語が難解ですが、著者の卓越した知識とセンスと想像力が、随所に宝石のように散りばめられている。SF小説の傑作!と呼ばれているのも頷けた。月面で発見された5万年前の人間の死体。一体これは何を意味するのか!?謎が謎を呼び深まっていく更なる謎。答えを知った時のアッ!となる驚き。人類の起源。月の謎といったテーマを、緻密な描写で繊細に描かれている。小説の題名がラストに浮彫りになっていく所は更に感動!個人的には、主人公がある衛星から間近に見た木星の場面に感動!自分もこれはお勧めします!2017/01/27

ehirano1

553
推理小説の舞台はなんと「宇宙」!結論のインパクトは勿論のこと、そこに到達するまで1つ1つの証拠とそのプロセスから繰り出される推論がまるで「研究」をしているようでとても楽しかったです。2021/08/21

ヴェルナーの日記

516
SF界の巨匠(クラーク、アシモフ、ハイライン)に続く後継者は誰なのか?と尋ねられたら、その候補者は、著作者ホーガンと答える。本作は月面で見つかった遺体(チャリーの名付けられた)が、人類文化の発達以前5万年前だった。このチャリーは、何処から来たのか?その謎を解き明かしていくハードSF作品。SFとは、サイエンス・ファンタジーと思う人がいるかもしれないが、そうではなくサイエンス・フィクションの略である。よって内容が極めて科学的な考証や言語が記述されるのは当たり前で、それが1つの分野を確立している所以なのだ。2014/01/22

absinthe

508
ずいぶん昔の小説なので、最先端の人類学や天文学からは取り残されぎみだが、真にすぐれた作品というのは、そういった細かい点は気にさせない。読んだのがすでに今から20年くらい前であり、科学知識はさらに本書から先に進んでいる。完全に文系を突き放した理系小説。(でも、文系の人にも面白いと思われる。)本書に対して人物の造形が甘いとかドラマが無いとか、的外れな批判も目にするが、そんなの作者の眼中にない。本書には、それらはむしろ褒め言葉…

徒花

480
KUにて。名作と称えられてはいるけれど、それなりにSF小説になじみのある人じゃないと薦められないし、そういう人はすでに読んでいる可能性が高い作品。ぶっちゃけストーリーは単調で、絵的に盛り上がるところはない。見所は謎の遺体・チャーリーの真相を解明すべくさまざまな説が飛び出してそれが否定されたり、そこから新説に発展したりする過程なのだが、冒険に出るわけでもなく、主人公が危機一髪の状況から脱するわけでもない。よくいえばクールで知的な物語なので、玄人には一目置かれるが、門外漢にはなじみにくい作品。2016/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574954

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。