創元SF文庫<br> 渚にて―人類最後の日

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

創元SF文庫
渚にて―人類最後の日

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 11時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 472p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488616038
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

第三次世界大戦が勃発、放射能に覆われた北半球の諸国は次々と死滅していった。かろうじて生き残った合衆国原潜“スコーピオン”は汚染帯を避けオーストラリアに退避してきた。ここはまだ無事だった。だが放射性物質は確実に南下している。そんななか合衆国から断片的なモールス信号が届く。生存者がいるのだろうか?―一縷の望みを胸に“スコーピオン”は出航する。迫真の名作。

著者等紹介

佐藤龍雄[サトウタツオ]
1954年生まれ。幻想文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まーくん

130
核戦争後の世界。中ソ間で始まった核戦争は米ソを巻き込む第三次世界大戦へ。核兵器の応酬となり北半球は壊滅、戦争は短期間で終結する。南半球は直接的被害は免れるも大量の放射性降下物が大気循環により次第に南下する。豪州南端メルボルンに退避した米海軍原子力潜水艦スコーピオンはシアトル近郊からの謎の電波を調査するためアメリカ西海岸へ調査に向かう。原潜艦長や豪州海軍の連絡将校とその家族を中心に、迫りくる放射線障害への恐怖と死を覚悟した人々がいかに生きようとするのかを坦々と描く。著者は豪州に移住した英国人。1957年刊。2020/08/18

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

123
第三次世界大戦が勃発し、北半球は放射能汚染により全滅。僅かに残されたオーストラリアに避難したアメリカ合衆国の原潜〈スコーピオン〉。「潜水艦物にハズレ無し」と言われているが、それは限られた空間の中、ギリギリの状況での戦闘が手に汗握るからだと思う。だが、ここにはそうした戦闘シーンは一切無い。迫り来る放射能汚染の恐怖に怯えながらも、残された日々を懸命に生きようとする人々の姿が淡々と描かれている。〈スコーピオン〉が最後の航海にでるシーンが切ない。良い意味で予想とは違った展開の作品であった。五つ星です。★★★★★2022/11/07

はたっぴ

101
体に鉛をつけているような重苦しさと、視界不良な見通しにため息をつきながら読み進めた。人として生まれたからには〝日々少しでも成長したい〟〝生きることに最善を尽くしたい〟と思うものだろう。だがしかし、核戦争後の最期の日々(6ヶ月)をこれほど穏やかな精神状態で過ごせるだろうか。私には自信がない。読書の楽しさは感情移入するほど未知の世界を経験出来ることだが、心の振り子が大きく揺れ動き、人生観や死生観を問われる作品だった。『パイド・パイパー』とは読後感が異なるが、こちらも人生で大切な一冊となった。2017/10/26

zero1

98
福島原発事故の後だと、この作品の古さは気にならないはず。 世界には多くの核兵器があり、何度でも人類を破滅させることが可能。 兵器を製造するのではなく貧困や飢餓、病気に立ち向かえ。 核戦争により、人類は滅亡が避けられない。 米国の潜水艦が、放射線の強い北半球から豪州に逃れてくる。 人類の滅亡が現実となった時、あなたならどう過ごす? 略奪しまくり?殺しまくり? 本書の登場人物たちは違う。穏やかに過ごす。 それが逆に、作品世界の悲惨さを際立たせている。 だからこの作品は読み継がれていると私は解釈している。2018/10/19

榊原 香織

87
何て静かな滅びだろう。 1957年の作品。 北半球全体の核戦争で、オーストラリアに生き残った人類。 でも放射能は意外な速さで到達し・・。 新訳。 あの頃は、脅威は核戦争くらいだったんだなあ、今は、目白押し。温暖化とかコロナとか色々あるから。2021/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/143005
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。