創元推理文庫<br> 刺青(タトゥー)白書

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

創元推理文庫
刺青(タトゥー)白書

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月22日 12時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488459048
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

女子大生・三浦鈴女は、中学時代の同級生が相ついで殺害されたことに衝撃を受ける。彼女たちは二人とも、右肩に刺青痕があった。刺青同様に二人が消したかった過去とは何か。第一の、アイドル殺害事件のレポートを依頼された柚木草平は、鈴女たちの中学時代に事件の発端があるとみて関連性を調べ始めた―。鈴女の青春と、柚木のシニカルな優しさを描いた傑作、初文庫化で登場。

著者等紹介

樋口有介[ヒグチユウスケ]
1950年群馬県生まれ。國學院大學文学部中退後、劇団員、業界紙記者などの職業を経て、1988年『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。1990年『風少女』で第103回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七色一味

19
読破。やばい、途中すっ飛ばした?(笑)ま、続きものじゃないからいいか(笑) 今回は、語りが中途半端といいますか、視点が一定じゃないといいますか…。どうせなら柚木さん目線はなしで、話を展開させてもおもしろかったんじゃないかなぁ。設定自体は、今までのところ一番ミステリーっぽいかな。最初の段階で、私の中で「犯人はお前だ!」ってのがあったんですが、見事に外れてしまった(笑)2014/05/12

背番号10@せばてん

18
2007年4月11日読了。柚木草平シリーズ。2007/04/11

浮かれ帽子屋

16
シリーズ4冊目。女子大生の三浦鈴女と柚木草平の二視点から語られる連続殺人事件。消された刺青から浮かび上がる過去の青春と真実。後書きで「小説とはパズルというのはある前に、あくまでも『小説』なんですから」とあるように、ミステリを題材にした人情劇という作風。本当に樋口氏は青春の終りや始まり、過去の思い出や時間とともに変わってしまう友人元恋人などの題材を扱わせたら非常にうまく料理してくれる。今作は大学生から見た柚木の記述で、より大人としての柚木のカッコよさが浮かび上がって見えたように思う。次回作も期待。2011/09/07

ジロリン

11
柚木草平シリーズだが、どちらかと言うと今回の彼は狂言回し的役割で、「中学卒業後6年間なにも変わってない」女子大生の鈴女のほうが主人公か。二人の視点で語られるが、それがうまく融合していない感があり、いつもの読み心地と少し違う。けれどミステリとしては、今まで読んだ柚木シリーズの中では一番いいできかも。犯人が明かされた時は、ほんとに「あっ!」と驚いた。感情的なものも含めた伏線も見事に回収され、納得のエンディング。2014/09/21

みすまりも

11
探偵柚木シリーズ第四弾。前作までとがらっと変わって、柚木と女子大生・鈴女(すずめ)が入れ替わりながら話が進む。今までで一番ミステリらしかった。決着の着け方も結構衝撃だったし。ただ柚木のクサいセリフにあまりキレがなかったのと、魅力的な女性に振り回されなかったのが残念、別居妻や娘にも登場してほしかった。やっぱりオタオタする柚木が見られないとね。2013/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532006

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。