東海大学工学部公開講座シリーズ<br> 技術大国日本の針路

個数:
  • ポイントキャンペーン

東海大学工学部公開講座シリーズ
技術大国日本の針路

  • 唐津 一/菊池 誠【著】
  • 価格 ¥1,080(本体¥1,000)
  • 東海大学出版部(1991/09発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 50pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 121p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784486030942
  • NDC分類 504
  • Cコード C0050

目次

知能化の時代(なぜ各国が製造業に力を入れるか;技術の変化で変わる産業と商品の中身;経済を作るのは技術力;日本の産業を支える五本の柱;新エネルギーによる革命に突入;考える機械の実現“知能化の時代”;コンピュータにバカにされないように;人間の考える仕事をバックアップ;CCVが変える機械工学の設計思想;第五世代コンピュータでやれること;加工技術がなければ資源も石ころ)
研究開発・国際協力の課題―得手と不得手の認識(トランジスタの発明は技術文化の発生;真空管・フィラメント・熱からの解放;集積回路との遭遇;レボリューションからエボリューションへ;“メイド・イン・ジャパン”の内容の変遷;マドリッドでの強烈な体験;進歩のファクター“エンスウジアズム”;「今、日本はどこにいるんだ?」の質問;日本型、欧米型のアプローチの仕方;“ネマグ”というアイディア;“プレ・コンペティティブ・リサーチ”のちがい;企業の研究所の使命;エボリューション 成熟 ブレークスルー;大切な国際会議における議論の積み重ね)