ミシェル・フーコー思考集成〈9〉自己・統治性・快楽

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 482p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784480790293
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

内容説明

揺れるポーランドを見据えてヨーロッパの行方を透視する予言的発言、転回の試みを映し出す「主体の解釈学」「快楽の用法と自己の技法」など、迫りくる死を前に紡がれた思索の耀かしい軌跡。

目次

1982(ピエール・ブーレーズ、突き抜けられた画面;主体と権力;思考、エモーション;ヴェルナー・シュレーターとの対話;西欧の植民地化の第一歩 ほか)
1983(仕事のさまざま;無限の需容に直面する有限の制度;倫理の系譜学について―進行中の仕事の概要;そんなものに興味はありません;歴史の濫造者たちについて ほか)

著者等紹介

蓮実重彦[ハスミシゲヒコ]
前東京大学学長

渡辺守章[ワタナベモリアキ]
放送大学副学長

小林康夫[コバヤシヤスオ]
東京大学教授

石田英敬[イシダヒデタカ]
東京大学教授

松浦寿輝[マツウラヒサキ]
東京大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。