ちくま文庫<br> 女将さん酒場

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ちくま文庫
女将さん酒場

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月29日 20時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480437587
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0195

出版社内容情報

自分の店を構え、自ら料理をつくる。そんな人生を選んだ「女将さん」は、どんな思いを抱いて包丁を握るのか。新しい女性の仕事を描く書き下ろしルポ。

日本のオーナーシェフの世界は圧倒的に男社会、飲食の仕事は肉体的にも精神的にもハードで、結婚や出産などライフステージが変わりやすい女性には務まらないと。そんな厳しい世界に飛び込み、生き生きと活躍する女性料理人がいる。彼女たちはなぜ料理の道を志したのか、その決断を支えたものは。飲食に生きる人生を選んだ彼女たちの想いや喜びを丁寧に描いた、すべての働く女性たちへのエール。

内容説明

日本のオーナーシェフの世界は圧倒的に男社会、飲食の仕事は肉体的にも精神的にもハードで、結婚や出産などライフステージが変わりやすい女性には務まらないと。そんな厳しい世界に飛び込み、生き生きと活躍する女性料理人がいる。彼女たちはなぜ料理の道を志したのか、その決断を支えたものは。飲食に生きる人生を選んだ彼女たちの想いや喜びを丁寧に描いた、すべての働く女性たちへのエール。

目次

ひとりの「覚悟」 林佐和『やくみや』荒木町
イタリアンママは三度めで花開く 渡邊マリコ『fujimi do 243』西小山
静かな革命を、八ヶ岳から 山戸ユカ『DILL eat,life.』北杜
今日、ごはん食べに来ない? 大塩あゆ美『あゆみ食堂』諏訪
一杯のラーメンが永遠になるとき 宮代とよ子『ししまい』大磯
その椅子さえあれば 金岡由美『ぼたん』清澄白河
男たちが素顔に戻れる場所 越野美喜子『こしの』渋谷
野菜と対話しながら百まで 土井美穂『あめつち』学芸大学
だしに始まり、だしに終わる 田中悦子『さかなのさけ』六本木
下町酒場から広がれ、世界平和 荘司美幸『はりや』鐘ヶ淵
働く女性の味方でありたい 大濱幸恵『おおはま』鎌倉
あかねさす天に向かって 姫田あかね『よしろう』鎌倉
エピローグ 「自分の場所」をつくった女性たち

著者等紹介

山田真由美[ヤマダマユミ]
1971年、伊豆下田生まれ。出版社勤務を経てフリーのライター・編集者として数々の書籍、雑誌などの制作に携わる。また、地元下田の酒場『Table TOMATO』の女将として月に10日ほど酒と料理で客をもてなしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fwhd8325

60
テレビドラマで、女将さん目当てで近所の商店主たちが集まる酒場がありますが、ここに紹介されている女将さんたちは、そんな隙を与えません。お店の紹介ではなく、女将さん自身を紹介されていて、それぞれのドラマを感じさせてくれます。取材期間にコロナでの自粛もあり、数年後に読むとまた違った感想が生まれてくるように思います。2021/12/05

きおくあたま

8
がんばる13人の女性の物語。どのお店もとても料理が美味しそう。飲食店に何を求めるのかは人それぞれだけど、こういう心安らぐ飲み屋さんが近くにあると羨ましい。自分のフィーリングにあったお店で、静かにお酒を楽しみながら少しの時間を費やす。贅沢だなあ。2022/01/05

こだま

5
一人で自分の店を切り盛りする女将さん13人が紹介されています。コロナ禍で奮闘する様子も描かれていて、個人経営の飲食店を応援したいと思いました。2021/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18271706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。