ちくま文庫<br> マンスフィールド・パーク

個数:

ちくま文庫
マンスフィールド・パーク

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 745p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480427700
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

虚弱体質で内気な少女ファニーは准男爵家に引き取られ、伯母のいじめにあいながらもひたすら耐える日々を送っていた。いつしか感受性豊かな女性へと成長した彼女に、いとこのエドマンドへの秘めたる恋心が芽生えたが―。恋愛小説の達人で、皮肉とユーモアを愛するオースティンが、あえて道徳心の大切さを訴えた円熟期の作品。わかりやすい新訳で好評のオースティン長篇6作品個人全訳完結。

著者等紹介

オースティン,ジェイン[オースティン,ジェイン][Austen,Jane]
1775‐1817。イギリスの小説家。おもに結婚話を題材とした、平凡な日常生活のドラマを皮肉とユーモアをもって描き、完璧に芸術へ高めたと言われる。一見同工異曲の結婚話だが、六冊の長篇小説のヒロインたちはすべてタイプが違い、異なった趣向が凝らされていることも特筆に値する

中野康司[ナカノコウジ]
1946年神奈川県生まれ。東京都立大学教授を経て青山学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

紅はこべ

131
最初に本作を読んだ時は、ファニーのあまりの生真面目さに辟易したが(彼女から見ればエリザベスベネットもエマも不真面目に映るだろう)、今回再読して、ファニーのエドマンドへの愛情は刷り込みなんだなと同情出来た。寧ろエドマンドに反感を抱いた。確かに最初からファニーに優しかったが、彼女の理解者とは思えない。彼女の心情を汲み取っていれば、ノリス夫人と暮らすように勧めたりしない。ファニーを誰よりも苦しめたのは、クロフォード兄妹でもノリス夫人でもなくエドマンドだ。オースティンヒロインで結婚後が一番心配なのはファニーだ。2017/05/03

藤月はな(灯れ松明の火)

90
はっきり、言うとモラハラ多しの恋愛小説。ファニーを虐めて無視する伯母と従姉妹には本当に腹が立つけど、ファニーに苛ついてしまうのは分かってしまう。だってファニーの感情豊かなのに自分を押し殺してしまう癖って同性からすると分かっちゃうからこそ、鏡写しを見ているようで嫌いになっちゃのよね…。ファニーの恋心を見守っていた読者からするとエドマンドの今更ながらにファニーに求婚する言い草は自分勝手な男だなと呆れずには居られない。だけど、ファニーの良い所を見習っているスーザンちゃんに希望と、罰を受けた伯母達には胸が透く。2016/07/10

星落秋風五丈原

73
【ガーディアン必読1000冊】全然ファニーの本当の姿を見てないであれこれと自分の理想ばかり述べるヘンリーとは幸せになれないことはわかるけど、それにしてもプロポーズされた時のファニーの拒絶っぷり。性格多少難ありでも当て馬だと読者がわかっていても、プロポーズしてくれる人に対して、ひどくない?ヒロイン推しのあまり「美人だけど頭カラッポ」「享楽的な生活を楽しむ輩」への突き上げが凄い。物語を面白くするために書いているというよりは、作家オースティンのアンチ摂政時代色が色濃く打ち出されすぎなのでは。2018/11/30

ケイ

72
『ナボコフの文学講義』で扱っている作品なので読んでみた。書かれて今年でちょうど200年とは思えぬほど、読みやすかった。貴族ではない、ブルジョワ階級の話。俗物でケチなノリス夫人は最悪をもたらす元であるのは明らかだが、他に特に悪人とも言える人はいない。主人公が、わがままシンデレラに見えて仕方なく、彼女の嫉妬や実家への不満などは道徳的に素晴らしいとも思えず、ナボコフを読むためでなければ読みきれなかったかもしれない。2014/02/27

mitu

43
84/G1000:モームが主人公のカップルが生真面目過ぎて気に入らないにも拘らず、オースティン(1775-1817)の作品中で一番好きだという本作は745頁と大部ですが、出版直後に早くもオースティンの家族と親戚が三者三様の反応を示し兄の一人は「ファニーは実に魅力的な人物です!」、母は「面白みがない」、姪は「ファニーには我慢ならない」と言っています。結末迄読めば、完成度が高く円熟期の野心作であり且つ問題作だと解りましたが、私も地味で引っ込み思案で、虚弱体質気味で美人ではなく、道徳性と精神性が高く我慢強い人⇒2020/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/696180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。