ちくま文庫
トヨタの闇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480427175
  • NDC分類 537.09
  • Cコード C0136

内容説明

巨額の広告宣伝費によって、マスコミによるトヨタ批判は事実上、封じられてきた。だがその裏では、従業員は賃金のつかない数々の“自主活動”によって苛酷な労働を強いられ、過労死や自殺が続発している。社員の命を軽視する会社は消費者の命も軽視する。長期化するアメリカでのリコール問題の原型は、すでに国内にもあった。日本を代表する超巨大企業で何が起きていたのか。知られざる現場の真実を抉り出す。

目次

はじめに―トヨタは本当に優良企業なのか(渡邉正裕)
第1章 トヨタの本質はなぜ報じられないか―広告料日本一の圧力
第2章 トヨタの社員は幸せか―職場環境の実態
第3章 トヨタ車の性能は高いのか―実は欠陥車率99・9%
第4章 下請け社員を苦しめていないか―「自動車絶望工場のトヨタ下請け
第5章 世界での評判―広がる反トヨタ・キャンペーン
第6章 やっぱり大問題を起こしたトヨタ―今回も反省なし
おわりに―『破滅へと向かう旧日本軍』にならないために(林克明)

著者等紹介

渡邉正裕[ワタナベマサヒロ]
1972年、東京生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、日本経済新聞社、日本IBMを経て2004年、My News Japanを設立

林克明[ハヤシマサアキ]
1960年、長野生まれ。業界誌・週刊誌の記者として働く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。