ちくま新書<br> 大坂 民衆の近世史―老いと病・生業・下層社会

個数:
電子版価格 ¥810
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
大坂 民衆の近世史―老いと病・生業・下層社会

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2018年12月16日 04時12分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480071118
  • NDC分類 216.3
  • Cコード C0221

内容説明

江戸時代、大坂で市井の人びとはどんなふうに生きたのか?どんな仕事をしていたのか?どんな人生の荒波にもまれ、どうくぐり抜けたのか?江戸時代の「褒賞」の仔細な記録を読みとくと、当時の職業などのほか、病に倒れた親を支える孝行な娘や息子、没落した主人を支え続けた奉公人など、「名もなき」人びとのドラマが見えてくる。本書は巨大都市大坂の形成や町の構造、そして当時の人びとの暮らしを解説する。また江戸時代の「褒賞」が、現在の叙勲や褒章の制度にどのように受け継がれたのか、その歴史をたどる。

目次

第1部 巨大都市 大坂―社会と空間(舞台としての大坂―都市空間の形成;町方の社会組織)
第2部 孝子褒賞と忠勤褒賞(褒賞制度の展開;孝子褒賞―褒賞のパターンと条件1;忠勤褒賞―褒賞のパターンと条件2 ほか)
第3部 都市民衆の諸相―生業と扶助(町の扶助と仕事;大工職・陰陽師・按腹渡世―諸職と仲間;遊女・茶立女と歌舞伎役者 ほか)

著者等紹介

塚田孝[ツカダタカシ]
1954年生まれ。東京大学文学部卒業。博士(文学)。専門は日本近世史。大阪市立大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

江戸時代に大坂の庶民に与えられた「褒賞」の記録を読みとくと、人々のドラマが見えてくる。大坂の町と庶民の暮しがよくわかる一冊。