ちくま新書<br> ひらく美術―地域と人間のつながりを取り戻す

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
ひらく美術―地域と人間のつながりを取り戻す

  • 北川 フラム【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 筑摩書房(2015/07発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年03月28日 18時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480068422
  • NDC分類 706.9
  • Cコード C0270

内容説明

世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。新潟県の里山を舞台に、美術による地域再生を目指して、3年に1度開かれている。本書は、その総合ディレクターによる地域文化論である。文化による地域活性化とはどのようなものか。人と人、人と自然、地方と都市が交わるためにはどうすればいいのか。さまざまな現場での実践をもとに、地域再生の切り札を明かす。

目次

第1章 自分のいる場とかかわる―地域と人間の関係を探る
第2章 越後妻有と向き合う―過疎と人口減少のなかで
第3章 美術で地域をつなげる―地域の特色を明らかにするには
第4章 美術の働きを発見する―旅・場所・人々をつなぐ力
第5章 人と人とを交える―サポーターと地元の人々のつながり
第6章 日本の地域を生きる―現代資本主義の限界の先へ
第7章 未来をひらく―学びが次の展望を拓く

著者等紹介

北川フラム[キタガワフラム]
1946年新潟県高田市(現上越市)生まれ。アートディレクター。東京芸術大学卒業。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」の総合ディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文化で地方を豊かにするためにはどうすればいいのか。約50万人が訪れる「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」総合ディレクターによる地域活性化論!

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件