ちくま新書<br> 双極性障害―躁うつ病への対処と治療

個数:
電子版価格 ¥810
  • 電書あり

ちくま新書
双極性障害―躁うつ病への対処と治療

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2016年09月01日 14時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480064653
  • NDC分類 493.76

内容説明

一般に「躁うつ病」と言われている病気、双極性障害は、統合失調症と並ぶ二大精神疾患と称され、また近年精神医学界でも大きな注目を集めている病気だが、まだまだ理解が十分に行き渡ってはいない。再発のリスクが高いこの病気は、そもそもどのような性格のものなのか。診断と治療の方法とは…。臨床と研究の双方をリードしてきた著者が、快方へ向かうための基礎知識を平明に解説する。最新研究の動向を語った講演も併せて収録。

目次

第1部 対処と治療(なぜ躁うつ病は双極性障害とよばれるようになったのか;双極性障害とは;社会生活を妨げてしまう双極性障害;双極性障害の治療;症例;人生を双極性障害に翻弄されないために)
第2部 双極性障害の最新研究―「年輪の会」講演会より

著者紹介

加藤忠史[カトウタダフミ]
1963年東京生まれ。1988年東京大学医学部卒業。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部付属病院講師を経て、理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患・老化研究グループ・グループディレクター、精神疾患動態研究チーム・チームリーダー。国内外において双極性障害の研究を牽引している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)