マジ文章書けないんだけど―朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

個数:
  • ポイントキャンペーン

マジ文章書けないんだけど―朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

  • ウェブストアに262冊在庫がございます。(2017年12月13日 22時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784479795865
  • NDC分類 816
  • Cコード C0095

目次

初級・1st.STEP―基本中の基本!主語と述語について考える(書く前に自分と向き合う―自分の長所と短所を見つける;ボディーづくりは骨格と肉から―主語と述語の対応 ほか)
中級・2nd.Step―文章を書く基本!文と文章の構造を考える(距離感は大切でしょ!―こそあど言葉;しつこいと嫌われる―同じ表現を繰り返さない ほか)
上級・3rd.Step―めざせ!伝わる文章 人の思考を意識する(何にでも相性はある―述語に掛かる品詞はそろえる;二股かけると失敗するぞ―一つの文に一つの要素 ほか)
プロ級・Final Step―秘策!文章マスターへの道「Why」を意識する(知ってるつもりが一番危ない―5W1Hの活用を考える;厚化粧は必要ない―とことん「Why」を使って書く ほか)

著者紹介

前田安正[マエダヤスマサ]
朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長/未来交創ビジョンクリエイター。早稲田大学卒業、朝日新聞社入社、名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長、編集担当補佐兼経営企画担当補佐などを歴任。国語問題、漢字についての特集や連載、コラムを担当。漢字の字源、文章に関する本など著書も多い。朝日カルチャーセンターのエッセイ教室や早稲田大学生協主催の就職支援講座を担当。「文章の直し方」など企業の広報研修にも出講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

朝日新聞のベテラン校閲記者が教える超新感覚な文章講座。物事を客観的に捉え、ストーリーを練りあげる力を養う。