だいわ文庫<br> 50代から始める知的生活術―「人生二毛作」の生き方

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
50代から始める知的生活術―「人生二毛作」の生き方

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784479305200
  • NDC分類 914.6

内容説明

186万部突破『思考の整理学』著者、最新刊!91歳にして気力みなぎる「知の巨人」が実践してきた、50代以降の人生を楽しむ知恵とは?40代になったら、「将来の仕事」を考える。賞味期限切れの友情は捨てる。思考を磨く「知的読書法」。いつまでも若々しく、いきいきと毎日を過ごす方法。

目次

第1章 意気軒昂八十代へ向けて(自分の足で歩く;転機と見たら、行動する ほか)
第2章 脳を生き生きとさせる(ウォーキングの楽しみ;一日に一度は外出 ほか)
第3章 つきあいの作法(賞味期限切れの友情;淡い交わり、大きな収穫 ほか)
第4章 知的生活の知恵(自分で考える;真似はしない ほか)
第5章 新しい人生を切りひらく(マイナスから出発する;生活の型をつくる ほか)

著者紹介

外山滋比古[トヤマシゲヒコ]
英文学者、評論家、文学博士。1923年愛知県生まれ。東京文理科大学英文科卒業後、51年に雑誌『英語青年』編集長に就任。56年に東京教育大学助教授、68年にお茶の水女子大学教授(うち5年間お茶の水女子大学附属幼稚園長を兼ねる)に。現在は同大名誉教授。専門の英文学のほか、言語論、修辞学、さらには教育論など広範な学術研究と評論活動を続けてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

186万部突破のベストセラー『思考の整理学』の著者、最新刊。91歳の「知の巨人」が語る、人生を「二度」生きる方法。