儲かる会社は人が1割、仕組みが9割―今いる社員で利益を2倍にする驚きの方法

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

儲かる会社は人が1割、仕組みが9割―今いる社員で利益を2倍にする驚きの方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 20時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478101469
  • NDC分類 336
  • Cコード C0034

出版社内容情報



児島 保彦[コジマ・ヤスヒコ]

目次

序章 「人材」の幻想を捨てなさい
第1章 人材に頼らない組織に変える
第2章 全員がやらざるをえない仕組みをつくる
第3章 有益な情報を引き出す2つの仕掛け
第4章 「利益をこぼさない」を追求すれば、収益は倍増する
第5章 さらに利益を漏らさない3つのポイント
第6章 「人材に頼らない経営」は何を生み出したのか

著者等紹介

児島保彦[コジマヤスヒコ]
経営コンサルタント・中小企業診断士。1937年、長野県千曲市生まれ。1961年、早稲田大学商学部卒業。住友大阪セメント常務取締役、オーシー建材工業社長を歴任し、赤字会社を半年で黒字に転換。退任後65歳で経営コンサルタントとして独立し、有限会社祥を設立。社長時代の経験から「会社は当たり前のことを当たり前にできれば、必ず利益は出る」ことを確信し、『プラス思考の社長学“当たり前”から始めてみよう!』(同友館)を出版。71歳のとき、小妻清ホールディングスの社長に出会い、人材に頼らなくても今の社員で利益を倍増する仕組みを創り出し、実績を上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuma Usui

7
「いい人材とは幻想にすぎず、どこにも存在しない」事を前提に、社員の質に依存しない仕組み作りを説明した一冊。「いい人材」はたまたま環境に合致した社員で、普通以下の社員でも結果を出せる仕組み作りが大切という話。本書では社員毎に「やる事」を明確にし「やったか」を確認出来るシステムを構築している。リアルタイムの進捗共有がやらざるを得ない環境を生み、緊張感とスピード感有る情報活用を促すというもの。常時監視されるデメリットも有るが、互いに仕事をしている一体感が生まれて良いと思う。2018/05/24

ALLマーティー

2
仕事がうまく進まない、結果が出ない場合は、まず基本の PDCAを実施してみる。 仕事はすべて、計画して実行し、うまくいったかチェックをして、うまくいかない場合は改善してまた取り組む、この連続で成り立っている。  P(PLAN)計画 D(DO) 実行 C(Check)評価・検証 A(Action)改善2017/05/29

Great Eagle

1
確かに仕組みを作ってあげることでやらざるを得なくされると仕事しますよね。これはある意味参考にはなりました。2017/12/07

満天

0
★★☆☆☆2017/04/28

古倉

0
はっきり言ってもらえて気が楽になった

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11576329

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。