お客さんの笑顔が、僕のすべて!―世界でもっとも有名な日本人オーナーシェフ、NOBUの情熱と哲学

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

お客さんの笑顔が、僕のすべて!―世界でもっとも有名な日本人オーナーシェフ、NOBUの情熱と哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478024720
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

世界五大陸に三十数店のレストランとホテルを展開、レストランだけで年間のべ200万人以上が来店、2013年クリスマスのグーグル検索数がレストラン部門のトップ―世界中の人々を魅了する和食レストラン、NOBUはいかにしてできあがったのか?日本人としての感性を貫きながら、世界の多様なスタッフと一つの“NOBUフィロソフィー”を共有する力の源泉はどこにあるのか?

目次

第1章 「海外」と「寿司」への憧れ―下積み時代を耐えられたからこそ
第2章 落ちるところまで落ちれば、焦りは消える―海外での連戦連敗
第3章 お客さんの笑い声が満ちた場所に―はじめての自分の店「マツヒサ」オープン
第4章 四年待ってくれたデ・ニーロ―NOBUの共同経営をスタート
第5章 NOBUの味とサービスを世界へ―その土地に合わせることと、変えないこと
第6章 パートナーシップ崩壊の危機を乗り越えて―常にクオリティを高めつづける
第7章 新たなステージへの挑戦―NOBUホテルオープン
第8章 情熱と努力があれば、結果は後からついてくる

著者等紹介

松久信幸[マツヒサノブユキ]
「NOBU」と「Matsuhisa」レストランのオーナーシェフ。1949年、埼玉県で材木商の三男として生まれ、父を7歳の時に交通事故で亡くす。東京の寿司屋での修業後、海外に出てペルー、アルゼンチン、アメリカでの経験を基に、和をベースに南米や欧米のエッセンスを取り入れたNOBUスタイルの料理を確立した。1987年、アメリカ・ロサンゼルスにMatsuhisaを開店。1994年、俳優ロバート・デ・ニーロの誘いに応えNOBU New Yorkを開店(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

2
ダイジェスト版からの要約  最初に「何か食べられないものはないですか? お嫌いなものはないですか?」と聞いて、あとはお客さんと会話をしながら、反応を見ながら、その日に入った食材で臨機応変に料理をつくり、お出しするようにしました。こうして、マツヒサの看板メニューの「おまかせ」は、お客さんと一対一でアドリブでつくるスタイルになりました。その日に仕入れた新鮮な食材で、自分のために、今までにない料理をつくって出してくれるというのは、それだけでプラスアルファの満足が感じられたのでしょう。実はそれが一番の価値だった。2018/04/28

苑田 謙

1
世界的成功をおさめたオーナーシェフの自伝だが、自慢話的な嫌味は感じない。駆け出しの頃の不運ぶり、ロバート・デ・ニーロとの出会いなど、ポンポンと話がすすむ。奇抜な創作和食で知られるが、「寿司屋のシンプルさが一番」とゆう哲学も興味ぶかい。2014/11/13

hotato

0
人をほめて育てるのって、なかなか難しいが、よく考えたい2015/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8227335

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。