京都・紫野 大徳寺僧の略歴―その法脈と茶道のつながり

個数:
  • ポイントキャンペーン

京都・紫野 大徳寺僧の略歴―その法脈と茶道のつながり

  • 竹貫 元勝【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 淡交社(2012/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 11時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473038364
  • NDC分類 188.82

内容説明

インドから中国、日本へ―菩提達磨から現代まで受け継がれる臨済禅の法脈。茶の湯にゆかりの深い禅僧約120名を生涯・事績で辿る。

目次

第1章 禅のルーツをたどる(中国禅宗の興隆;中国臨済禅の祖師;「松源一流の禅」の東漸)
第2章 大徳寺の禅僧(大燈禅の祖と法嗣第一世;燈・徹一流の展開;戦国期の大徳寺僧;近世の大徳寺僧;一八世紀から一九世紀の大徳寺僧;近現代の大徳寺僧)
第3章 日本臨済宗の展開(諸山の開祖;白隠禅;明治の臨済宗と禅匠)

著者紹介

竹貫元勝[タケヌキゲンショウ]
昭和20年1月京都府生まれ。花園大学文学部特任教授。正眼短期大学特任教授・副学長。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大徳寺と茶の湯、そして臨済禅の高僧の世界が理解できます。

『淡交』誌で平成22?23年の2年間連載した「禅僧の略歴」を加筆し書籍化。茶道とゆかりの深い京都・紫野の大徳寺の禅僧を中心に据え、彼らの事蹟・生涯をコンパクトにまとめる略伝集。大徳寺の禅僧と合わせて菩提達磨・臨済義玄から開山・宗峰妙超(大燈国師)までの中国・日本の禅僧の法脈と略伝、そして日本臨済宗各派の寺院と開祖たちの略歴を1章ずつ収録、「大徳寺歴代住持」や禅宗の法系図、人名索引を併載しており、大徳寺を中心として広く臨済禅の高僧の世界が理解できます。