日本の伝記 知のパイオニア<br> 荻野吟子とジェンダー平等

個数:

日本の伝記 知のパイオニア
荻野吟子とジェンダー平等

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 00時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472060205
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8323

出版社内容情報

荻野吟子は、明治時代、近代医師養成制度のもとで試験に合格して医師になった最初の女性です。さまざまな困難を乗りこえ、14年もかけてその道をきりひらきました。キリスト教とであって、社会活動にも力を注ぐようになりました。かたい信念のもと、苦しむ人びとに寄りそいつづけたその生涯を吟子自身が語ります。

内容説明

荻野吟子は、さまざまな困難を乗りこえ、14年もかけて女性が医師になる道をきりひらきました。男女平等社会の実現をめざし、社会活動にも貢献しました。本書では、かたい信念のもと、苦しむ人びとに寄りそいつづけたその生涯を吟子自らが語ります。

目次

1 わたしの少女時代―0歳~17歳
2 結婚、そして…―17歳~19歳
3 女性医師をめざす―19歳~22歳
4 学問にはげむ―22歳~24歳
5 東京女子師範学校時代―24歳~28歳
6 医学校入学、ついに医術開業試験に合格!―28歳~34歳
7 キリスト教とのであい、そして社会運動へ―34歳~38歳
8 理想社会建設の夢―38歳、39歳
9 愛のかたち・結婚―39歳~45歳
10 一開拓民として生きる―45歳~62歳

著者等紹介

堺正一[サカイショウイチ]
1943年、埼玉県川越市生まれ。早稲田大学法学部・同教育学部卒業。県立高校の教員を経て、心身に障害のある子どもたちの教育にたずさわる。埼玉県教育委員会、各種障害児学校の校長等を経て立正大学教授。特別支援教育の教員養成を担当する。この間、障害児者理解啓発のために「平和と障害児教育」をテーマに講演・著述・ボランティア活動に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

renren

2
児童書とはいえ、伝記を一人称で書くのはアリなのだろうか。本書は特に、女性であることとそれゆえの思考とが重要なはずなのに、男性である筆者が一人称「わたし」で荻野吟子の内心を自由に想像して書き綴っているのにどうにも違和感がある。「ジェンダー平等」も気になるなぁ、「男女平等」と言ってほしいなあ。「男性だけでなく女性も医師になること」はジェンダー平等だが、「女性が女性医師の診察を受けることで尊厳を守ること」は「ジェンダー平等」とは違うのでは、とか細々。2024/01/17

シラヌイ

0
図書館本。日本人初の女性医師となった荻野吟子氏の自伝風伝記。夫から性病を移されて子供ができない体となり離縁。そこから医師を志すも、男社会から数々の妨害に…。あまりに壮絶だけど、これらの人の努力の上に今の自分のような女性たちの生活があるのだ、と思うと感謝しかない。女性だけでなく男性も、ジェンダーから解放される世界のために、自分もなにかしなければならない。2023/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20195487
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。