日本の伝記 知のパイオニア<br> 宮本常一と民俗学

個数:

日本の伝記 知のパイオニア
宮本常一と民俗学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472060182
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8323

出版社内容情報

明治の終わり頃、瀬戸内海の島で生まれた宮本常一は苦労を重ねながら学問を志し、やがて民俗学の道へ進みます。日本中をくまなく歩きまわり、各地の古老から話を聞き、民衆の生活の実態を知る、という宮本式の民俗学の手法をあみだしました。自ら人生を切り開き、民俗学の第一人者となった生涯を宮本常一が自分の言葉で語ります。

内容説明

宮本常一は、人生の約6分の1を旅に費やしました。日本中をベタベタと歩きまわり、人びとから話を聞き、膨大な民俗資料を発掘したのです。本書では、瀬戸内の島の百姓からはじまり、民俗学のパイオニアとなった生涯を、常一自らが語ります。

目次

1 家族のぬくもり―0歳~6歳ごろ
2 小学校で―6歳~15歳
3 逓信講習所と郵便局時代―16歳~18歳
4 師範学校と教員時代―18歳~23歳
5 柳田先生と渋沢先生―24歳~28歳
6 アチックミューゼアムのころ―32歳~36歳
7 戦後の日本を歩く―38歳~56歳
8 若き仲間たちと―57歳~73歳

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tamami

56
『日本の伝記 知のパイオニア』シリーズの一冊。その足跡を辿れば日本地図が描けるとまで言われた偉大な民俗学者、宮本常一の一生を、宮本の弟子に当たる著者が、「一人称の伝記」としてまとめたもの。宮本の誕生から死まで、柳田國男や渋沢敬三との出会いを挟んで、学びの機会となった出来事や仕事の変遷、民俗学への傾斜、離島についての事業など、編年体の体裁で丁寧に記述している。写真やイラストも豊富で読みやすい。ただ、記述は坦々としていて宮本の肉声があまり聞こえてこない印象を受ける。それと170頁定価2500円はやや高いかも。2024/02/04

かん

0
👍2021/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18357161
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。