やさしいダンスの物理学―ダンサーの動きは、なぜ美しいのか

個数:

やさしいダンスの物理学―ダンサーの動きは、なぜ美しいのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月21日 17時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 206p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784469265651
  • NDC分類 769
  • Cコード C3073

内容説明

ダンサーでもあり物智学者でもある著者が、ダンスの動きのなかに潜む物理原理を、専門用語や難解な数式を使わずにわかりやすく解説している。一瞬を捉えた美しく芸術的な写真と、各章の扉に記されたエピソードと問題提起は、物理になじみのない読者をも引きつける。ダンスは芸術であって、科学や数字で表せるものではないが、その美しさを理解し、追求する手段として物理学は必要不可欠であり、本書は、その貴重な情報源となる。ダンサーにとっては、より安全に技術を習得し、より美しく踊るために役立ち、指導者にとっては、適切な指示をわかりやすいことばで伝える手段となる。ダンス以外のスポーツにも応用できる考え方があり、スポーツや体育に関わる人にも参考となる。

目次

第1章 バランス
第2章 回転以外の動き
第3章 ピルエット
第4章 空中でのターン
第5章 パ・ド・ドゥ
第6章 パートナーとのターンの仕組み
第7章 リフトの仕組み
第8章 体の大きさの影響
第9章 将来への展望

著者紹介

ローズ,ケネス[ローズ,ケネス][Laws,Kenneth]
Dickinson大学の物理学の名誉教授。また、同大学およびセントラルペンシルベニアユースバレエで1980年代まではバレエクラスを教えていた。物理学とダンスに関する2冊の本“The Physics of Dance”、“Physics,Dance,and the Pas de Deux”を書いており、このテーマに関する第一人者である

蘆田ひろみ[アシダヒロミ]
1979年大阪医科大学卒業。同大学整形外科教室を経て、聖ヨゼフ整肢園(整形外科)勤務、現在は有馬医院を開業。京都バレエ専門学校理事長、大阪芸術大学舞台生理学、ノートルダム女子大学リハビリテーション学講師を務める

佐野奈緒子[サノナオコ]
1981年生まれ。京都大学理学部入学後、同大学総合人間学部へ転学部、卒業。現在、同大学大学院人間・環境学研究科の修士課程2年。ダンスの動きを科学的に見ることを目標とし、バイオメカニクス、運動生理学などを研究中。5歳から市岡つきみバレエ団にてバレエを始め、現在は京都バレエ専門学校にて有馬えり子らに師事

小田伸午[オダシンゴ]
1954年生まれ。東京大学教育学部、同大学院博士課程単位修得退学。京都大学教養部助手を経て、2003年より京都大学大学院人間・環境学研究科助教授(人間・環境学博士)。人間の身体運動や運動制御機構を、生理・心理・物理から総合的に研究