知的コーチングのすすめ―頂点をめざす競技者育成の鍵

個数:
  • ポイントキャンペーン

知的コーチングのすすめ―頂点をめざす競技者育成の鍵

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月19日 04時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 154p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784469265019
  • NDC分類 780.7
  • Cコード C3075

内容説明

選手の自立を促し、目標を達成させるにはどうすべきか?JOC情報・戦略プロジェクト委員の著者がコーチングの本質を明かす。

目次

第1章 コーチング哲学を考える鍵(失敗を恐れない精神;コーチの語源に見る指導者の役割 ほか)
第2章 コーチングの指針を考える鍵(勝たせたコーチ、育てたコーチ;競技者の成長に合わせた指導スタイルの変化 ほか)
第3章 コーチングの方法を考える鍵(向上を約束する論理的プロセスの構築;世界で戦うための資質とは ほか)
第4章 練習を考える鍵(練習の構成を考える;ゲームのように練習を組み立てる―ゲーム・ライク・プラクティス ほか)
第5章 コーチングの科学と情報を考える鍵(向上のための科学的アプローチ;医・科学現場の知見を反映させるための方策 ほか)

著者紹介

河野一郎[コウノイチロウ]
1946年東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。筑波大学体育科学系教授。日本オリンピック委員会理事。日本ラグビーフットボール協会理事。前日本ラグビーフットボール協会強化推進本部長。日本アンチ・ドーピング機構理事長

勝田隆[カツタタカシ]
1957年9月27日、埼玉県生まれ。1976年埼玉県立熊谷工業高校卒業、1981年筑波大学体育専門学群卒業。現在、仙台大学助教授。コーチング学やスポーツ情報戦略を専門とする。ラグビー高校日本代表監督や19歳以下日本代表および23歳以下日本代表のコーチを経て、1997年より2000年まで日本ラグビー協会強化推進本部テクニカル・ディレクターとして、ラグビーワールドカップ(’99年)やアジア競技大会(’98年)に参加。日本オリンピック委員会では、釜山アジア競技大会日本選手団本部員(’02年)アテネ五輪対策特別委員会委員(’02年~)、情報・戦略プロジェクトサブリーダーなどの任にあたる。日本ラグビーフットボール協会では、現在、コーチング委員会委員、医・科学委員会副委員長、レフリー委員会委員を務める