光文社新書<br> アメリカの教会―「キリスト教国家」の歴史と本質

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

光文社新書
アメリカの教会―「キリスト教国家」の歴史と本質

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 20時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 476p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334046316
  • NDC分類 192.53
  • Cコード C0214

目次

序論 教会とアメリカ合衆国
第1章 植民地の教会(ヴァージニア植民地;プリマス植民地 ほか)
第2章 アメリカ合衆国の独立へ(なぜ教会の歴史なのか;ニューイングランドの会衆派 ほか)
第3章 南北戦争からアメリカ帝国へ(南北戦争のころ;地理的拡大と宗教の変容 ほか)
第4章 キリスト教と現代アメリカ(戦後とキリスト教;公民権運動 ほか)

著者等紹介

橋爪大三郎[ハシズメダイサブロウ]
社会学者。大学院大学至善館教授。東京工業大学名誉教授。1948年神奈川県生まれ。1977年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。執筆活動を経て、1995年~2013年、東京工業大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

102
本書は「ケンブリッジ版・アメリカの宗教の歴史」(全三巻)の翻訳が中心。橋爪先生も「私はちゃっかり要約して一冊にまとめたわけだ」とあとがきで白状。主観を排した教科書的な内容だが、アメリカの教会に関する歴史的・地理的な事実関係を知る百科事典として貴重な資料ではある。国と公定教会との関係が明確な欧州諸国と違って、教会同士が自由競争を行うアメリカだからこそ、多様な教派が互いに切磋琢磨する状況が生まれたのだとわかる。今、史上二人目のカトリックの大統領が誕生したが、私には、その人が人工妊娠中絶を容認するのが不思議…。2022/12/28

榊原 香織

70
アメリカを理解するにはキリスト教知識が必要 でもちょっと読みずらかった。 参考文献を抜き書きして翻訳、羅列してるので。 歴史、宗派も複雑だし。でも流れはわかった。キリスト教系新宗教、カルトにも触れている2023/01/13

sawa

7
★★★★☆ アメリカのキリスト教の様々な宗派の歴史を入植時代から、テレビ伝導師まで、時代を追って解説する本です。 これまでルーツによってカトリックとプロテスタントに分かれてて、変わった宗派もいくつかあるようだという位の浅い認識だったので、目から鱗がボロボロでした。 まず歴史の話として面白い。イギリスからの入植者には英国国教会の信者も多かったのになぜ衰退したか、アフリカから連れて来られた黒人達がなぜキリスト教信者になったかなど。(コメントへ続く)2023/01/07

たかぴ

4
4章の現代アメリカになってからが自分にとっての本番でした。そこだけでも読む価値が大きかった。2023/10/21

Ohe Hiroyuki

4
本書は変わった本である。著者が『ケンブリッジ版・アメリカの宗教の歴史』という百科事典をひたすら日本語で説明していくという本である。▼著者の狙いについては、あとがきをご覧いただきたいが、確かにアメリカを理解するには、各州の状況はもちろん、キリスト教(といえないものもある)についてよく知っておく必要がある。興味の入り口として本書を読むのはいい刺激になるかもしない。▼個人的に興味があったのは「メガ・チャーチ」である。消費文化と宗教が重なるとこうなるのかと大いに参考になる。2022/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20333234
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。