柏艪舎文芸シリーズ<br> お梅さん

個数:
  • ポイントキャンペーン

柏艪舎文芸シリーズ
お梅さん

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 09時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434157615
  • NDC分類 933

内容説明

けなげに生きる娘がいた。愛すればこそ…時は明治、舞台は葉山、東と西の確執は無垢な魂にまでおよんだ。

著者紹介

ワタンナ,オノト[ワタンナ,オノト][Watanna,Onoto]
本名ウィニフレッド・イートン。1875年、イギリス人貿易商の父と中国人の母との間にカナダで生まれる。19世紀末より1920年代にかけ、日本と日本人を題にとった作品を主に発表する。1954年没

中田耕治[ナカタコウジ]
1927年、東京に生まれる。戦後、最年少の批評家として文壇に登場。演出家、作家、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

かくも純で、かくもわがままな愛があっただろうか―
永井荷風も激賞した、カナダ人作家によるジャポネスク小説

(あらすじ)
 
日本人青年高島織人は、許嫁のお梅を日本に残しアメリカ留学へ旅立つ。8年後、帰国する船中で彼はアメリカ人女性クレオと猛烈な恋に落ちた。しかし彼女にはすでにフィアンセがいたのである……
 
一方、8年ぶりに織人と再会したお梅には、彼に対するかつてほどの愛情はなかった。そのとき、織人が恋したアメリカ人女性のフィアンセ、シンクレアと出会うことになる。それこそが、この4人の苦悩と悲劇、そして幸福のはじまりだった。

《著者》オノト・ワタンナ(1875-1954)
本名ウィニフレッド・イートン。イギリス人の父と中国
人の母との間にカナダで生まれる。本作をはじめ、「二
条の娘」「日本爛漫記」など日本を舞台にした作品を多
数執筆し、ジャポネスク(日本趣味)小説の旗手と言わ
れる。
《訳者》中田耕治
1927 年東京都生まれ。戦後、最年少の批評家として文
壇に登場し、『ショパン論』『ゴーゴリ論』などがある。
演劇の演出家としては、「闘牛」(3幕)の演出が代表作。
作家として『危険な女』(河出書房新社)、『異聞猿飛佐助』
(東都書房)ほか。評伝『ルクレツィア・ボルジア』(集
英社文庫)、『ルイ・ジュヴェとその時代』(作品社)、『メ
ディチ家 の人びと』(講談社学術文庫)、『ブランヴィリ
エ侯爵夫人』(白順社・血と薔薇文庫)など。