もう一度観たくなる『海峡をつなぐ光』 孵化編―玉虫と少女と日韓歴史ロマン

個数:
  • ポイントキャンペーン

もう一度観たくなる『海峡をつなぐ光』 孵化編―玉虫と少女と日韓歴史ロマン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 19時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784434153709
  • NDC分類 778.7

内容説明

1400年前、推古天皇が祈りを捧げた仏具「玉虫厨子」。1500年前に造られたという新羅王朝の古墳群から出土した「玉虫馬具」。日韓両国で、同じ時期に、二つの美術品が復刻された。なぜ、玉虫だったのか?そんな疑問の答えを求めて、一人の少女が旅立った。在日4世の入矢麻衣。彼女は何を感じ、何を思うのか。

目次

巻頭 『海峡をつなぐ光』麻衣のロケ地フォトレポート
プロデューサーの思い―益田祐美子・朴〓(しゅん)永
職人の塊―立野敏昭・崔光雄
玉虫博士―芦澤七郎
三つの謎に迫る―金住則行
麻衣の撮影日記―入矢麻衣
韓国事情Q&A
作曲に携わって―引地康文・井内竜次
ナレーションを終えて―西岡徳馬
監督からのメッセージ―乾弘明
玉虫の光は輝いた―益田祐美子