• ポイントキャンペーン

誰も言わない環境論
弱者のための「エントロピー経済学」入門―誰も言わない環境論〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 265,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784434109508
  • NDC分類 330.4

内容説明

ワーキング・プアの急増、格差の拡大。人間社会をエントロピー論で解き明かしてみれば、これらの原因は一目瞭然。疲弊した社会を修復・再生するための処方せん。

目次

1章 地球複合循環の中の人間社会
2章 人間の欲望が社会を修復・再生する
3章 「膨張」を「成長」と勘違いしている現代経済学
4章 誰が責任を取るのか、公害と廃棄物
5章 科学技術と貿易が失業と貧困をもたらす
6章 子孫を収奪して成り立つ現代の繁栄・原子力と国債
7章 規制緩和、ゼロ金利という日本型悪政
8章 経済成長を可能にする生態系とは
9章 個人も社会も、ほどほどの幸せを目標にする

著者紹介

槌田敦[ツチダアツシ]
1933年東京生まれ。東京都立大学理学部化学科卒。東京大学大学院物理課程D2修了後、同大助手を経て理化学研究所研究員。定年退職後、94年から名城大学経済学部教授(環境経済学)。06年定年退職。05年4月から高千穂大学非常勤講師。理学博士(東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)