そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434086366
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

女子の世界は妖しくて愛しくて我武者羅でときどき、こわい。文筆歌手・未映子の三年に渡る日記。

著者等紹介

川上未映子[カワカミミエコ]
大阪府出身。文筆歌手。“未映子”として2004年にアルバム「夢みる機械」、2005年に佐藤研二、坂本弘道、三木黄太からなるチェロユニット「COTUCOTU」を迎えて、「頭の中と世界の結婚」をビクターエンタテインメントより発表。現在は音楽の世界だけではなく、「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)、「クイックジャパン」(太田出版)、「早稲田文学」(早稲田文学会)などに寄稿、「ユリイカ」(青土社)にて詩を発表したりと活躍の場を拡げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

美登利

50
よう最後まで挫折せずに読んだ自分を誉めてやりたい気分。(笑) 未映子さんのエッセイは他にも読んだことありますし、小説も読みましたが、まあこれは特にわけわからん感じです。それが彼女の感性なんだろうね。かなりこの人壊れてる?って思えるくらいに。昨夜読んだ本にゴッホの幼少期の話が出てきたのと、未映子さんの幼い頃の生活を知ると、ん…これはかなり彼女の人生にご両親の喧嘩の凄さが影響与えてるなぁと思ってしまうのです。深読みし過ぎかな。2014/05/28

千穂

41
最近この作者のヘヴンを読んだ。同じ作者とは思えんような文章だった。関西弁で、一文がツラツラと長い。読みづらい。時々プッと笑える。シルバニアンファミリンーを自らの人格をちっこい熊やらに憑依させた疑似家族と言い切る辺りの不思議さがオモロイ。2018/04/30

ほほほ

15
小説家デビューする前の川上未映子さんの日記。最初は、読んでると頭が痛くなる息がつまる、そんな文体。文体もしんどめなリズムな上に、川上さんのものの見方は子どもみたいに超ピュアで超哲学的でもうなんやかやわや…でしたが、まんまと虜になりました!真ん中辺りで現れる、〝わたしはゴッホにゆうたりたい〟でぐんと心の距離が近づき、そこからはもう、どんどん好き♡って感じです。こんっなにも、この人とわたしの世界の見方は違うんだ…とものすごく不思議な気持ちにぽーっとなったりしました。川上さんのこともっと知りたいなぁー!2014/01/25

Roy

15
★★★★★ 日記ならではの自分探しの旅みたいのが饒舌に小気味良く紡ぎ流れていく文字の記録、もしくは思想の雑記。ベット・ミドラーのコンサートを観に、聴きに、感じにニューヨークへ一人向かったくだりが、僕自身もベット・ミドラーが大好きな為、ウッキー!憎たらしい半面、共感感心羨望の挙句その場で意識の失神。素晴らしく面白かった。で、この方B型の臭いを振りまいているけれど、どうなんでしょ?2009/03/13

ぐうぐう

11
日記中にもあるように、彼女が関西弁を使うのには、方言の持つ感情性と現実感といった目的があるだろう。とはいえ、日記で使用される関西弁に、ときおりリアルでない関西弁が意図的に挿入されていることからもわかるように、これは作為としての日記という側面があることも理解しておかなければならない。リズミカルで、そして妄想というイマジネーションの引き金となる関西弁を駆使する彼女に、小説家・川上未映子の萌芽がすでに窺える。にしても、なんておもしろい日記なんだ!2010/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552572

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。