Edition trombone<br> 歴史認識と文芸評論の基軸

Edition trombone
歴史認識と文芸評論の基軸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434044939
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C3090

目次

日本近代文学と歴史認識の問題―平岡敏夫・石原慎太郎・福田和也を中心に
鴎外・諦観の意味
「家長」の論理に疑問―山崎正和著『鴎外 闘う家長』
金子幸代著『鴎外と“女性” 森鴎外論究』―女性像の新視点
歴史小説の方法―森鴎外と大岡昇平
『漱石とその時代』第一部・第二部を読む―漱石像のあいまいさ
江藤淳における「歴史」
「批評」の喪失―菊田均の『江藤淳論』についての異議
新鋭作家叢書『小川国夫集』の精緻さ
大岡玲『表層生活』の実験〔ほか〕

著者等紹介

鈴木斌[スズキアキラ]
1943年東京生まれ。法政大学文学部日本文学科卒。文芸評論家。日本社会文学会会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。