大切な人を亡くしたあなたに知っておいてほしい5つのこと

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

大切な人を亡くしたあなたに知っておいてほしい5つのこと

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月16日 11時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784426125165
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

出版社内容情報

家族、パートナー、友人、ペット…
旅立ちを見送る人が心の痛みを手放し、やがて再生へ向かう日のために

これはあなたの物語かもしれません――
哀しみを和らげるために大切なことを、一緒に話してみませんか?


死別を経験したときに、私たちには一体どんなことが起こるのでしょうか。
深い心の傷を負っている方々に、私たちはどのように向き合えばいいのでしょうか。
私はその答えを探し、日本、アメリカ、ドイツで悲嘆支援の専門家や
当事者の方々の話に耳を傾けてきました。
この本では、大切な人を亡くした方の拠り所として、
日本グリーフ専門士協会がインターネットで開催している
「グリーフサロン」を紙上に再現しています。

自分の悲しみを和らげるために、本当に大切なことは何なのでしょうか。
そのために知っておいてほしいことが5つあります。
この5つを理解することで、あなたの気持ちは今より楽になるでしょう。

一方で、悲しみが複雑になり、つらさが長引く要因は複数あります。
それらの要因を踏まえ、あなたと同じように死別後の悲しみと
向き合う人たちが変わっていく過程を、本書でお伝えします。

グリーフ(喪失体験に伴う悲しみや嘆きとその反応)ケアを
学術的に解説した優れた本はあるものの、
実践に落とし込むことは難しいという声も少なくありません。
本書はグリーフケアの実践的な取り組みの中で、
あえて学術的な側面にも触れることで、当事者はもちろん、
支援にあたる方にとっても良きヒントになることを目指したつもりです。

研究者の間では、悲嘆は自然なものであり、支援はいらないという考え方と、
支援が当事者の力になるという2つの考えがあります。
確かに死別の悲しみと向き合う上で、絶対的な方法や正解はないかもしれません。

しかし、自分が悲嘆を抱えたとき、大事な人が窮地に立たされたとき、
グリーフケアの知識と支援の方法を知っておくことは大きな力になります。
表層的なケアではなく、あなたの心の傷を深いところから癒し、
“哀しみを生きる方法”はあります。

ぜひあなたも一緒に、グリーフサロンに参加している気持ちで
読み進めていただければ幸いです。

(著者「はじめに」より)

内容説明

家族、パートナー、友人、ペット…。旅立ちを見送る人が心の痛みを手放し、やがて再生へ向かう日のために。

目次

第1章 哀しみがあなたの感情にもたらすこと(遺された人たちのための保健室;グリーフとは悲嘆と反応 ほか)
第2章 哀しみがあなたの身体にもたらすこと(グリーフとモーニング;哀しみを妨げる4枚のガムテープ ほか)
第3章 哀しみがあなたの周囲にもたらすこと(誰かの役に立たないと生きていてはいけないと思っていた;あの人の遺した物が捨てられない ほか)
第4章 哀しみがあなたの精神にもたらすこと(見えない世界との付き合い方;あの人はどこにいるの ほか)
第5章 哀しみがあなたの未来にもたらすこと(言葉にならない気持ちを吐き出す;記念日反応と対処の仕方 ほか)
エピローグ―それぞれの2年後

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らびぞう

7
オンラインでの会議形式。哀しみを経験した登場人物とファシリテーターも含めて6人。自分の大事な人を亡くすと言うことは、自分の一部もしくは全てを喪失したこととなる。私も、父を亡くした時、ひどく落ち込んだ。それは、「鬱」ではなく「グリーフ」だと知った。誰かが居たら大丈夫、だけど、昼間一人になると無性に哀しくなる。それの繰り返しだった。それが、「グリーフスパイラル」。早々に仕事に復帰したことと、「見守られている」を感じたことで、そのスパイラルから脱出出来た。この本に書かれている通りだったので、すごく驚いた。2023/01/10

オカヤン

5
人生の意味は自分が自分の人生に与えるものなんだ。 一番に、悲しみに向き合う、勇気とつながりが大事。 グリーフって大切だなぁ。 グリーフ協会のHP見てみよう。2021/09/28

ちびたぬき

5
心温まる本で、あっという間に読み終わりました。グリーフケアを中心とした内容で、登場人物が自分の心のうちを少しずつ打ち明けていく過程で、自分の喪失感や悲しみと向き合い、未来に目を向けていけるようになるというものです。勿論実際にはこううまくはいかないかもしれません。しかし、実際自分や周りの大切な人たちを哀しみが襲ったときのために読んでよかったと思いました。2021/02/10

pero

5
○○で良かったね、というのはどういう場合にも慰めや励ましにはならない。悲しいことばかり並べずその中でも幸いと思うことを…と探して励まそうというのは余計なことで、悲しいことは悲しいこと。決して良かったことにはならない。2020/11/09

西条べべる

3
グリーフ(悲嘆)ケアのグループセッションを再現した構成の死別の苦しみを乗り越えるためのプログラムが書かれている。5人の参加者が哀しみを話していく対話形式で現実感がありました。不安な気持ちを落ち着けるワークなどが役立ちそうでした。2021/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16782902
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。