他者の原トポス―存在と他者をめぐるヘブライ・教父・中世の思索から

  • ポイントキャンペーン

他者の原トポス―存在と他者をめぐるヘブライ・教父・中世の思索から

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 500,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423171264
  • NDC分類 132

内容説明

哲学とは自己を探求することであり、自己は他者との出会いを契機に、はじめて成立する。アウシュヴィッツに象徴される他者の抹殺と崩壊(ショアー)という20世紀の負の遺産は、われわれに「他者とは何か」という痛切な問を投げかける。著者は今日に至るまでヨーロッパ思想の基底に流れる“存在‐神‐論”の視点から、他者への思索の生成と展開の原トポスともいうべき聖書や哲学、神学など広範なテキストに聴従し、他者概念の真相を見極める。存在、神、そしてロゴスとは何か。これら思想基盤を支える概念が、他者論といかに関わってきたのか、自己と他者との共生は可能か。現代における他者忘却の意味とそれを克服する方向性を示して、現代の思想的課題に正面から答えた問題作。

目次

序論 他者と存在‐神‐論
本論 存在と他者のトポスへ(原トポスの哲学―教父・中世哲学と他者(ニュッサのグレゴリオス―三三〇頃‐三九四頃;アウグスティヌス―三五四‐四三〇;トマス・アクィナス―一二二五頃‐七四;マイスター・エックハルト―一二六〇‐一三二八)
原トポスの神学―ヘブライ・新約思潮(他者の誕生と喪失―『創世記』に即して;ハーヤー存在論と他者のエチカ―『ルカ』の「善きサマリア人の譬え」より;死と甦り―『マルコ』の空虚の墓の物語より;プネウマ言語と他者の記憶―『ヨハネ』十三‐十七章))
むすびとひらき