キルケゴール 主体性の真理

キルケゴール 主体性の真理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 297,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784423171189
  • NDC分類 139

内容説明

人間の知的成果として技術的に可能になったことがらの多くが、今、生命倫理や環境問題の立場から、その実施の是非について問われている。だが、それに答えるべき人間自身は自分自身のあり方については忘却し、忘却していることにさえ、気づいていない。このような時こそ、生きている自分自身の内実を取り戻す手がかりとして、キルケゴールによる主体性の真理の追求を受け止めるべきである。

目次

緒言 キルケゴールが追求したことを跡づけるために
第1部 問い―自己自身を明らかにするために(発端の問い―『ヨハンネス・クリマクス』草稿;反復の可能性;真理の問い―『哲学的断片』の場合;ヤスパースのキルケゴール理解 ほか)
第2部 救い―真理存在になるために(キリスト教の場合への移行―ヨハンネス・クリマクスからアンチ‐クリマクスへ;罪の不安―『不安の概念』;罪の現実;罪の赦し―問いの答え)
結語 キルケゴールが行き着いたところを受け止めて