最澄―日本人のこころの言葉

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

最澄―日本人のこころの言葉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784422800585
  • NDC分類 188.42
  • Cコード C0381

出版社内容情報

人びとを救済する利他の精神で、日本仏教の改革者となった最澄。「一隅を照らす」人びとを国宝とするその教えのすべて。

仏教が国家の庇護を受け、僧侶がエリートの地位に安閑としていた時代に、最澄は比叡山に入って修行を始め、すべての人びとを迷いから救い出すことを決意する。その利他の精神と清々しい生き方は、その後の日本仏教のあり方をリードし、法然・親鸞・日蓮など鎌倉仏教の祖師たちは比叡山で修行することによって成長している。「一隅を照らす」人びとを国宝とするその教えは、いまその輝きを増している。

目次

言葉編(利他に生きる;比叡山上での大乗戒;修行と教育;法華一乗に徹す)
生涯編

著者等紹介

多田孝正[タダコウショウ]
1938年、神奈川県生まれ。大正大学仏教学部卒業後、東京大学大学院博士課程(印度哲学)修了。大正大学教授などを経て、大正大学名誉教授。専門は中国仏教学。文学博士(東京大学)

木内堯大[キウチギョウダイ]
1974年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、大正大学大学院博士課程修了。現在、大正大学非常勤講師。博士(仏教学・大正大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KF

1
他人を悟らせ、自らも悟る/恨みに対して恨みで対応している限り、恨みが止むことはありません。恨みに対して徳をもって対応するならば、恨みは尽きます。/本当に大切なことは、形ではありません。そこに内在する心なのです。/恐ろしい獣に近づくことの方が、悪い知識を与える人に近づくよりもましなことである。2012/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4701573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。