自分のためのグリーフケア―大切な人を亡くしたあなたへ

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

自分のためのグリーフケア―大切な人を亡くしたあなたへ

  • ウェブストアに52冊在庫がございます。(2024年03月05日 03時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422320861
  • NDC分類 141.6
  • Cコード C0011

出版社内容情報

死別はけっして他人事ではなく、誰もが一度ならず経験する可能性のある出来事です。
とはいえ、ごく身近な家族との死別はそうそう経験するものではありません。配偶者や子どもとの死別の場合は、初めて経験する人がほとんどでしょう。過去に経験したことのない心の痛みに戸惑い、目の前がまっ暗になったように感じることもあります。

大切な人を亡くした時に、
「この悲しみとどう向き合えばいいんだろう?」
「今の苦しみがいつまで続くのだろう?」
「これから先、どうやって生きていけばいいんだろう?」
といった思いを多くの人が抱くことになります。

著者はグリーフワークの第一人者、関西学院大学人間福祉学部人間科学科教授の坂口幸弘。大切な人を亡くし、深い悲しみの中で、これらのような思いを抱えている人に読んでもらいたいとの考えから書かれています。

死別の悲しみを抱えたときに必要な支えは、“グリーフケア”と呼ばれています。
本来は専門家によって行われるケアですが、死別を経験した人すべてに専門的な支援が必要なわけではありません。死別にともなう悲しみは、一般的に自然で正常な反応ですので、多くの場合、自分一人の力で、あるいは周囲の人の温かい支えがあれば何とか対処することもできます。

本書は、死別の悲しみを自分でケアすることを目的としています。
そのために、まずはグリーフを知る、悲しみが癒されていくプロセス、深い悲しみに中にいるときに大切なこと、一歩を踏み出すためにできること、悲しみに向き合うためのワーク、きっとあなたの役に立つ情報といったことが書かれています。
 ワークはQRで読み取りプリントでき、書き込めるようになっています。悲しみの中にいる人が読みやすいように、簡潔な文章と、図やグラフ、イラストをふんだんに使いわかりやすく構成されています。

大切な人の死に直面した人はもちろん、死別を経験した友人や知人が身近にいる人や、職業上で遺族に接する機会の多い人におすすめの一冊です。

内容説明

悲しみの体験は、人それぞれです。自分なりの向き合い方を、本書で、見つけてみませんか?死別の悲しみをみずから癒すヒント。QRで読み取るワークシート付き。

目次

1章 まずはグリーフを知る
2章 悲しみが癒されていくプロセス
3章 深い悲しみの中にいるときに大切なこと
4章 一歩を踏み出すためにできること
5章 悲しみに向き合うためのワーク
6章 きっとあなたの役に立つ情報

著者等紹介

坂口幸弘[サカグチユキヒロ]
関西学院大学人間福祉学部教授。「悲嘆と死別の研究センター」センター長。大阪府生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了、博士(人間科学)。専門は臨床死生学、悲嘆学。死別後の悲嘆とグリーフケアをテーマに、主に心理学的な観点から研究・教育に携わる一方で、ホスピスや葬儀社、保健所などと連携してグリーフケアの実践活動を行ってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とちぼん

0
時間が解決してくれるまで、後悔しつつも今を大事に暮らそう。きっとそばで見ててくれると思う。泣いてもいいよね、当たり前だよ、一人しかいない父だったんだから。2024/01/04

kaz

0
死別の悲しみは、一般的に自然で正常な反応であり、多くの場合、自分一人の力で、あるいは周囲の人の温かい支えがあれば何とか対処することも可能。悲しみが癒されていくプロセス、深い悲しみに中にいるときに大切なこと、一歩を踏み出すためにできること、悲しみに向き合うためのワーク等を解説。図書館の内容紹介は『死別という人生の大きな困難にどう向き合えばいいのか-。悲しみの体験は人それぞれ。自分なりに悲しみと折り合いながら、悲しみをみずから癒やすヒントを伝える。QRコードで読み取るワークシート付き』。 2023/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21585548
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。