図説 紋章学事典

個数:

図説 紋章学事典

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年01月25日 23時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 256p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784422215327
  • NDC分類 288.6
  • Cコード C1622

内容説明

紋章の成り立ちから、独特の用語、デザインの意味まで、80のテーマを立てて詳しく解説。図版・写真850点超を収録。紋章学レファレンスの決定版!

目次

第1部 紋章の歴史と用語(紋章の起源と発展;紋章官と紋章規則;紋章の構成要素;紋章学の用語;紋章のメッセージと宣言)
第2部 紋章の応用(王家の紋章と貴族;都市と国家の紋章;世界の紋章;紋章の継続性)

著者等紹介

スレイター,スティーヴン[スレイター,スティーヴン] [Slater,Stephen]
英国紋章協会の評議員。ヨーロッパの紋章学および各地域の紋章に造詣が深く、紋章に関する著作の執筆のほか、各地で精力的に講演活動を行う

朝治啓三[アサジケイゾウ]
関西大学名誉教授。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

紋章の成り立ちから独特の用語、デザインの意味まで
80のテーマを立てて詳しく解説。図版・写真700点超収録!

紋章は、はじめは敵・味方の識別のために作られ、やがて個人や家門の権威を内外に示すために掲げられ、様々なデザインが生まれた。中世以来の伝統をもつ紋章は、それ自体のなかに豊かな歴史を見いだすことができる。本書では、ヨーロッパはもとより、アメリカ、アフリカの紋章や日本の家紋など、世界各地の紋章文化を豊富な図版とともに伝える。

圧倒的なボリューム、バランスのとれた記述。
紋章学レファレンスの決定版!

●本書の特徴

1)紋章の起源から今日的役割まで、紋章学の世界を包括的に解説。

2)紋章学独特の用語や意匠の意味など、テーマごとに丁寧に解説。

3)細部にこだわった美麗図版・写真700点超を収録。