「知の再発見」双書<br> ゴヤ―スペインの栄光と悲劇

個数:

「知の再発見」双書
ゴヤ―スペインの栄光と悲劇

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 18X13cm
  • 商品コード 9784422210582
  • NDC分類 723.36
  • Cコード C0371

出版社内容情報

【解説】
ヨーロッパ絵画の歴史において,常に時代の変革者を生み続けたスペイン。18世紀に活躍したゴヤは,その中でもひときわ高くそびえる巨人。ゴヤの生涯を作品とともにたどる。

目次

第1章 成功への道
第2章 肖像画と風俗画
第3章 失われた聴力
第4章 首席宮廷画家として
第5章 『戦争の惨禍』と『黒い絵』
資料篇 4大版画集とその世界

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すずき

3
私が読んだ1991年の第1刷は表紙がかの有名な《巨人》なのだが、プラド美術館がゴヤ作ではないというレポートを出してから新しいものは自画像に差し替えたのだろう。私はゴヤというと晩年近くの「黒い絵」がまず浮かぶが、意外と明るい色彩のものも特に初期は描いており、その変遷はカラヴァッジョの色彩の変遷を連想させるところがあり驚いた。この人は幅の広い画家で仕事としてもカルトン、天井画、肖像画と手広い上に画風も技術としては新古典的なものも描くことができる。日本の(というか私の?)ゴヤ受容がいかに偏っているか理解した2019/09/30

かなずちラッコ

1
勝手に想像していた印象とは違ってすごく真っ当な生き方でした。この本を読む限りは好印象しかない。2022/01/16

しゅうこう

1
かつて美術展に行った際、上品で静的な絵画が立ち並ぶ中「我が子を食うサトゥルヌス」を見た時の衝撃が忘れられない。もともと彩り豊かな絵を描いていたゴヤが晩年に黒い絵を描くようになった経緯を、当時の時代背景と、自身に起こった環境や身体的な変化に沿って解説してくれており分かり易かった。知れば知るほど沼にはまりそうな画家だ。2021/08/15

スナフキン

0
上野の国立西洋美術館で開催されていたゴヤ展の予習に読みました。2012/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/65913
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。