手紙でつむぐ親子のきずな―ぼくらがもらった宝物

個数:

手紙でつむぐ親子のきずな―ぼくらがもらった宝物

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月25日 06時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422120379
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0037

内容説明

子ども自然体験キャンプ、ジュニア洋上スクールの3日目の夜…親から、愛情いっぱいの手紙が届く。涙のなかで、生き方を学ぶ子どもたち。

目次

1 私が「手紙活動」を始めたきっかけ(私の出番が来た!;「おかむら塾」のスタート;ある講演会での出来事 ほか)
2 親からの手紙と子どもたちの感想文(思春期を迎えた子どもたちに宛てた手紙;家族の病気や離婚などの苦労を乗り越える手紙;小学生の子どもへの愛とほのぼのとした喜びにあふれた手紙)
3 「きずな」について考えること(夢を夢のままに終わらせるな;お手伝いが子どもたちの心を育てる;「お母さんより先に死なせてください」 ほか)

著者等紹介

岡村精二[オカムラセイジ]
昭和28年(1953)、山口県生まれ。昭和52年(1977)、自作ヨットによる単独太平洋横断に成功。昭和59年(1984)、学習塾「至誠学舎おかむら塾」を開校し、「子ども自然体験キャンプ」をスタート。同年、岡村精二建築設計事務所(一級建築士事務所)を開設。平成4年(1992)、「ジュニア洋上スクール」をスタート。平成11年(1999)、NPO法人「森と海の学校」を設立。平成16年(2004)、NPO法人「YMO21」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。