心の援助にいかす精神分析の治療ポイント―波長合わせと共同作業、治療実践の視点から

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

心の援助にいかす精神分析の治療ポイント―波長合わせと共同作業、治療実践の視点から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月24日 01時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422116983
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1011

内容説明

44年の治療経験から導かれた答えを、多くの事例を引きながら解説。言語化、抵抗、転移、逆転移、防衛に焦点を合わせ、精神分析から得られる治療のエッセンスを対話形式でわかりやすく説く。

目次

第1章 精神分析治療(談話療法)の歴史(フロイトのヒステリー事例を中心に)(談話療法の始まりとフロイトの精神分析療法;ヒステリー研究から始まったフロイトの精神分析技法 ほか)
第2章 治療抵抗について(治療妨害要因であり促進要因)(抵抗とは;日常臨床と抵抗について ほか)
第3章 転移・逆転移について(治療の最重要ポイント)(転移・逆転移について;転移に対する対応 ほか)
第4章 防衛・防衛機制について(防衛とは?;防衛に対してどうするか ほか)
第5章 心の病は治るのか?(治療妨害要因と治療促進要因の永遠の闘い)(治療妨害要因(治りにくいのは人間の本性)について
個々の治療妨害要因 ほか)

著者等紹介

平井孝男[ヒライタカオ]
1949年、三重県上野市に生まれる。1974年、金沢大学医学部を卒業後、大阪大学病院精神科、大阪逓信病院神経科、仏政府給費留学、榎坂病院・淀川キリスト教病院精神神経科を経て、1991年4月、平井クリニックと新大阪カウンセリングセンターを開設。現在、平井・池上クリニック名誉院長、新大阪カウンセリングセンター長。精神科医。臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

治療ポイントシリーズ第7弾。言語化、抵抗、転移、逆転移、防衛に焦点を合わせ、治療のエッセンスを対話形式で解説。好評の《治療ポイントシリーズ》第7弾。キー概念として、言語化、抵抗、転移、逆転移、防衛に焦点を合わせ、32の事例を使いながら、精神分析から得られる「治療のエッセンス」を対話形式で解説する。特に抵抗や転移・逆転移の意味を一般心理や治療の点から徹底的に詳しく検討、わかりやすく説明した。常に治療実践を目指し、治療実践から考え、治療実践から吟味する著者が教える臨床での実践方法。

False

平井 孝男[ヒライ タカオ]
著・文・その他