「自分らしさ」を認めるPCAグループ入門―新しいエンカウンターグループ法

個数:

「自分らしさ」を認めるPCAグループ入門―新しいエンカウンターグループ法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784422115702
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

一人ひとりのペースを大切にするまったく新しいグループアプローチ。ロジャースのパーソンセンタードアプローチ(PCA)の理論をもとに編み出した「PCAグループ」の基礎理論・実践例・実証研究を総まとめ。企画立案から実施方法、実施上の留意点、大学・看護学校などでの豊富な実践例を収録、実践に役立つ情報が満載。

目次

第1部 理論編(PCAグループの理論と実際;PCAグループの原点と発想 ほか)
第2部 実践編(スクールカウンセラーが学校に展開した事例;大学入学初期の導入事例 ほか)
第3部 実証研究編(PCAグループによる自己肯定・対人不安の軽減・共感の増大;PCAグループ的視点から見た学級集団形成尺度の作成 ほか)
第4部 資料編(参加者カード;セッション・アンケート ほか)

著者紹介

村山正治[ムラヤマショウジ]
1963年、京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。現在、東亜大学大学院総合学術研究科臨床心理学専攻教授・専攻主任、九州大学名誉教授。臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

エンカウンターグループを実践してきた著者が、パーソンセンタードアプローチ(PCA)の理論をもとに、新しい方法を紹介する。

エンカウンターグループを長年実践してきた著者が自らの経験とロジャースのパーソンセンタードアプローチ(PCA)の理論をもとに編み出した方法を提案。グループでありながら参加者一人ひとりのペースを守るなど、これまでのグループのイメージを刷新。参加者が互いの違いを認め尊重し合うことで対人不安を和らげ、自己肯定感を高めることを目指す。大学や看護学校での実践例を豊富に収録。企業や病院など多領域での応用が可能。

【著者紹介】
村山正治(むらやま しょうじ)1963年、京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。現在、東亜大学大学院総合学術研究科臨床心理学専攻教授・専攻主任、九州大学名誉教授。著書『ロジャースをめぐって』(金剛出版)、『新しい事例検討法PCAGIP(ピカジップ)入門』(創元社)ほか多数。論文「PCAグループの現状と今後の展望」ほか。