Odyssey 遙かなる憧憬―心を病んだある女性の無意識への旅

個数:

Odyssey 遙かなる憧憬―心を病んだある女性の無意識への旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月29日 14時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422114057
  • NDC分類 146.8

内容説明

アーティストとしてニューヨークで活躍する一人の日本人女性が突然の発作から回復へと至るまでに辿った無意識の世界は数々の驚くべきイメージに満ちていた。本書は、セラピストを心の支えにしつつ10年にも及ぶ内的世界の旅を「竜の物語」として結晶させた感動的なたましいの記録である。

目次

第1章 暗い森
第2章 時の旅
第3章 銀河鉄道
第4章 竜の物語
第5章 鳩の物語
第6章 鷲の物語
第7章 正義について
『正義について』

著者紹介

栗州美会子[クリスミエコ]
東京生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。女流画家展で受賞後、ニューヨークへ移住。ユニオンカーバイト展(ニューヨーク)、および数々の版画のグループ展に出品し、ユーゴスラヴィア版画ヴィエンナーレ展で入選。デザインスタジオを主宰するかたわら、永住日本人の子どもたちを対象にした日本語学校を創立。89年のベルリンの壁崩壊後からアートの方向を見失い、92年からサイコセラピーを受ける。現在は、ニューヨークのテキスタイル会社でデザイナーとして働いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1人の女性が、精神分析を受けることにより虐待のトラウマから回復するまでの、10年に及ぶ心の旅を、「物語」としてつづる。