• ポイントキャンペーン

価値創造経営論―知識イノベーションと知識コミュニティ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419043490
  • NDC分類 336

目次

第1章 企業のグループ経営とコーポレート・ガバナンス
第2章 知識イノベーションによる知識コミュニティの形成
第3章 企業間における情報共有化と戦略的提携
第4章 グループ経営における組織学習と組織間学習
第5章 知識コミュニティにおけるパートナリングと組織間学習
第6章 企業間の共同研究開発による組織間学習と企業変革
第7章 企業のスピンオフと企業変革
第8章 ビジネス・デコンストラクションと価値創造経営
第9章 環境経営と企業間のデファクト・スタンダード
第10章 eビジネスと電子調達市場の形成

著者紹介

松行康夫[マツユキヤスオ]
国際基督教大学大学院行政学研究科修了、慶応義塾大学学術博士、国際基督教大学助手、東京農工大学工学部講師、助教授、ペンシルベニア大学客員研究員、東京農工大学工学部教授を経て、東洋大学経営学部教授、現代社会総合研究所所長として現在に至る。専攻分野は経営学、意思決定論、公共経営論

松行彬子[マツユキアキコ]
慶応義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学、東京工業大学博士(学術)三菱商事(株)金属綜合部調査課、(財)電気通信政策総合研究所研究員、慶応義塾大学新聞研究所研究員、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科講師、青山学院大学国際政治経済学部講師等を経て、嘉悦大学経営経済学部教授、進路指導センター長として現在に至る。専攻分野は経営学、経営戦略論、グローバル企業論

出版社内容情報

本書は、企業統治、知識コミュニティの在り方等を通して、価値を創造する経営を提示。