公益事業規制のモデル分析

個数:

公益事業規制のモデル分析

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784419037352
  • NDC分類 335.8

目次

序章 本書の課題
第1章 公益事業と規制:基礎理論
第2章 ヤードスティック競争と事業体の垂直分離
第3章 部分自由化のもとでの回収不能費用の徴収
第4章 部分規制と選択的二部料金
第5章 競争市場とネットワーク設備の共同利用―垂直分離か、あるいは垂直統合か
第6章 企業内労使交渉と料金規制

著者紹介

水野敬三[ミズノケイゾウ]
1957年千葉県に生まれる。1980年一橋大学社会学部卒業。1990年大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程中退。京都教育大学教育学部専任講師(1990-1993)、同助教授(1993-1996)を経て、現在関西学院大学商学部助教授