弾丸が変える現代の戦い方―進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在

個数:

弾丸が変える現代の戦い方―進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416619810
  • NDC分類 396.3
  • Cコード C0095

出版社内容情報

●極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか…。 元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストが憂う、自衛隊装備の現在とは?

本書は、今までほとんど語られてこなかった弾丸と弾道に焦点を当てた元陸上自衛隊幹部と軍事ジャーナリストによる対談をまとめ、そこへさらに、小銃や機関銃、弾丸などに関する最新情報を加えたものです。

本書の内容を理解すると、当初の驚きからやがて危機感を持つにいたります。
なぜなら、小銃から撃ち出される弾の構造とその進化の関係は、思った以上に深く、弾の進化が戦いを変えていくことに驚愕するからです。

また、世界各国の動きは、戦略的であり、日々進化を続け、戦い方自体が変わろうとしています。
したたかに、そして確実に進化している世界に目を向けなければ、日本は取り残されてしまうのがわかります。

※本書は2018年10月に刊行された電子書籍『二見龍レポート#2 コンバットメディックの照井資基、弾道と弾丸を語る』を増補・再編集したものです。

■目次
第1章 米国国防の2大失策
陸上自衛隊退職後、軍事・有事医療ジャーナリストになる
同盟国アメリカ合衆国を正しく理解すべき
M16小銃と5.56mm小銃弾
F-15戦闘機
陸自新個人装備のF-15戦闘機化の懸念
AASAMの本当の話
KASOTC JAWC2019緊急レポート

第2章 小銃弾の進化
有害獣駆除時に見た銃創のすごさ
弾丸の進化について知らなければならない
7.62mm弾の有用性
「適正銃身長」とは何か
小銃のファミリー化について

第3章 弾丸と小銃のトレンド
サプレッサーの必要性
日本の5.56mm弾のレベル
経済性の高い銃弾とは
使用する弾の種類
5.56mm弾の限界
運動エネルギー転換面での比較
運動エネルギーと貫徹能力の相関
防弾素材に対する実射比較
7.62mm弾と5.56mm弾の制圧範囲の比較
小銃における口径の動向

第4章 他国の戦略的思想
進化する機関銃
自衛隊の近代化は可能か
AAD2018緊急レポート
AASAMをどう見るか
旧ソ連系弾薬の変化
NATO諸国の対抗策(弾薬と小銃について)
スイスにおける国土防衛としての小銃運用
銃弾の性能を自国防衛に役立てたインドネシアの取り組み
次期小銃をどう選定すべきか
対物狙撃銃が採用される本当の理由

第5章 コンバットメディックの必要性
ナガタ・イチロー氏との関わり
衛生科職種の幹部になる
コンバットメディックの進歩
戦場において救命を進めるポイント
今後の活動について

**************************************

内容説明

進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在。極めて速い武器の進化に日本は対応できるのか!?

目次

第1章 米国国防の2大失策(陸上自衛隊退職後、軍事・有事医療ジャーナリストになる;同盟国アメリカ合衆国を正しく理解すべき ほか)
第2章 小銃弾の進化(有害獣駆除時に見た銃創のすごさ;弾丸の進化について知らなければならない ほか)
第3章 弾丸と小銃のトレンド(サプレッサーの必要性;日本の5・56mm弾のレベル ほか)
第4章 他国の戦略的思想(進化する機関銃;自衛隊の近代化は可能か ほか)
第5章 コンバットメディックの必要性(ナガタ・イチロー氏との関わり;衛生科職種の幹部になる ほか)

著者等紹介

二見龍[フタミリュウ]
防衛大学校卒業。第8師団司令部3部長、第40普通科連隊長、中央即応集団司令部幕僚長、東部方面混成団長などを歴任し陸将補で退官。防災士、地域防災マネージャー。現在、株式会社カナデンに勤務

照井資規[テルイモトキ]
陸上自衛隊富士学校普通科部と衛生学校にて研究員を務める。現代の戦傷医療に関するスペシャリスト。自衛隊退職後の現在、愛知医科大学医学部、琉球大学医学部、新潟大学医学部災害医療教育センターで医療安全や事態対処医療の講師を務める。軍事・医療雑誌への寄稿多数。病気、外傷、平時、有事の区別なく、日本の救命医療の問題解決について取り組む一般社団法人TACMEDA代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

7
図書館にて。元自衛隊幹部の2人によるレポート、対談。アフガニスタン戦争、イラン戦争を経て、21世紀の兵装がどのように更新されたか。20世紀後半は5.56mm弾の時代だったが、現在は7.62mm弾になった。前者はベトナム戦争のイメージで、7ミリ弾で300mの戦闘すると弾は威力が最大化する前に貫通するため、5ミリをたくさん持つようにした。現在はアーマーが発達したので、500m先からアーマーをぶち抜く7ミリの徹甲弾となった▲致命傷を負うと、脳が混乱してしばらく痛みを感じなくなる。脳幹を砕くか、足の腱を断つか。2021/01/12

スプリント

7
歩兵装備の進歩と自衛隊装備の変遷。 元自衛官と軍事ジャーナリストの対談形式です。 2020/12/29

たかひー

3
★★★ ところどころ根拠が薄い、都合の良い情報のみを引用しているように感じられたところもあったが、少なくとも自分にとっては今までにない視点、考え方が示されていて興味深かった。2020/09/14

どらんかー

2
新しい視点世界のトレンドがわかり自分の目が開きます。 間接射撃で正確に当ててくるMGは恐怖です。2021/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15419544
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。