スパイス選びから始めるインドカレー名店のこだわりレシピ―東京スパイス番長シャンカールが伝授!

個数:
  • ポイントキャンペーン

スパイス選びから始めるインドカレー名店のこだわりレシピ―東京スパイス番長シャンカールが伝授!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 10時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784416613443
  • NDC分類 596.3

目次

1 定番インドカレーに挑戦!(キーマカレー;パラクパニール;ひよこ豆とじゃがいものカレー ほか)
2 名店のカレーを堪能!(ケララバワン(サンバル)
ダージリン(赤門レッドカレー)
ナワブ(チャナマサラ) ほか)
3 もっと知ってほしいインド料理(カレー;肉のおかず;野菜のおかず ほか)

著者紹介

シャンカール・ノグチ[シャンカールノグチ]
東京カリ~番長の貿易主任、東京スパイス番長。(株)インドアメリカン貿易商会代表取締役。インドからのスパイス輸入会社を経営。マサラ作りのためのスパイス調合、カレーレシピの考案など、スパイシーな日々を送る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

カレー番長のスパイス担当、シャンカール・ノグチが国内の有名インドカレー料理店のレシピを紹介し、その料理のポイントを紹介する。

カレー番長のスパイス担当、シャンカール・ノグチが国内のカレー名店のレシピを紹介し、その料理のポイントを紹介する。特にスパイスにこだわって解説する。

序章:
・まずは知りたいスパイスのこと 
・スパイスの役割、賢く使う方法 
・基本のスパイス7種 
・生のスパイス、上手なスパイスの買い方、保存法 
・スパイスの焙煎 
・スパイスの基本的な使い方、おいしいスパイスの使い方

PART1:基本のカレーのつくり方 
○キーマカレー(タマネギの切り方、上手な辛さのと調整、カレーベースのつくり方、タマネギの炒め方) 
○ほうれん草とパニールのカレー(パニールのつくり方、オニオンjジンジャーベースのつくり方、インドの野菜について) 
○豆とジャガイモのカレー(豆の戻し方、アチャールとチャツネについて、インドの豆について) 
○エビのココナッツカレー(エビの下処理、ココナッツについて、いろいろなトッピング、インドの魚介類について) 他

PART2:インドを知ってお店レシピに挑戦
店名:
○アショカ(北インド) インドの宮廷料理(北インド料理)について 
○ケララバワン(南インド料理) インドの家庭料理 
○ダージリン(東インド料理)日本で本格インド料理を出す理由 
○ナワブ(西インド料理)日本人に合うスパイスについて 
○ムンバイ(西インド料理)インドのお祝い料理について 

PART3:近隣諸国の味わい
○パキスタンのカレー 
○ネパールのカレー 
○バングラディシュのカレー

PART:4 インドカレーの再現レシピ 
○魚カレー 
○マトンカレー 
○野菜のカレー 

PART:5 カレーに合うおかず 
○サブジ 
○フィッシュティッカ 
○カリフラワーとジャガイモ 

コラム カレーに合うごはんの炊き方

【著者紹介】
1973年、東京生まれ。貿易商。アメリカ留学後、インド・パンジャブ地方出身の祖父L.R.ミグラニが立ち上げたインドアメリカン貿易商会の3代目として、インド国内の市場を巡りつつインド食品の輸入、開発と販売を手がける。世界中に弟子を持つドクターパルタップにアーユルヴェーダを基礎から学び、帰国後も市場で仕入れた新鮮な食材を使い、野外や湯治棟キッチンでスパイス料理を実践中。近年では、ガラムマサラの調合や初代から40年輸入が続くアルフォンソマンゴーの商品開発などを行っている。